社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学

  • 359人登録
  • 4.05評価
    • (19)
    • (14)
    • (6)
    • (4)
    • (1)
  • 20レビュー
制作 : 高橋 洋 
  • 紀伊國屋書店 (2014年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784314011174

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学の感想・レビュー・書評

  • 全米でベストセラーになった道徳心理学の名著、「なぜ政治的な主張が異なる人々はこうもわかり合えないのか」を科学的見地から(本書にも断りがある通り)記述している。実験、アンケート、先行研究の引用を基に、直感を肯定するための理性、6つの道徳基盤、集団と一体となるミツバチスイッチ、宗教の合理性などなどの概念を提唱し、最後に道徳(道徳資本)について機能論的な定義を与えている。

    道徳といったふわふわしたものに対して科学的ににじり寄ろうとする姿勢、構造主義的な書きっぷりが非常に印象的で好印象だった。文句なしに★5つ

  • 人がどのようにどのように道徳を形成し、それによりどのように振る舞うのかについて分析した本です。

    第1部では、通常理性は直感を後追いする存在であり、道徳は直感に属することを指摘しています。続く第2部では、道徳の要素を<ケア><自由><公正><忠誠><権威><神聖>の6つに分析し、主にリベラルは前半3つ(対等な個人に対する態度)を重視するのに対し、保守主義は後半3つ(超個人や非対等な個人に対する態度)を含めた6つ全てを重視する傾向があるとします。第3部では、そもそも個人が自らの道徳に従って行動する潜在的な動機は自己を含む集団が他の集団に対抗するところにあり、そのために時に人は(自らの持つ道徳の内容に関わらず)亀のように引きこもってしまい他の道徳を持つ集団に対し理解を閉ざしてしまうことを指摘します。

    その上での結論としては、どちらかが絶対優位でない以上、お互いがお互いのことを分かりあわなければならない、という一見平凡な主張が得られます。とはいえ、本書で指摘されたように、「自分に限っては、理性で相手の主張を正しく理解した上で自分の主張を支持している」と軽々しく思うことは多くの場合早計であることを肝に命じた上で、それでは相手はどのような信念に立っているのだろうかと考える道具として第2部の道徳の6基盤を使うならば、ここにこの本の意義があります。

    ここで扱われる道徳は、結び付ける対象が、宗教、党派、企業その他ありとあらゆる集団に及ぶものであり、倫理学、文化人類学、政治哲学のみならず経営論やマーケティング論等様々な領域・職域において心得るべきものであるため、極めて読むべきである本です。

  • ジョナサン・ハイト『社会はなぜ左と右にわかれるのか 対立を超えるための道徳心理学』

    副題が本体の社会心理学の啓蒙書。原書2012年当時の神経科学、遺伝学、社会心理学、進化生物学の知見を踏まえ「私たちは皆、独善的である」との真理に迫る。

    引用

    思考は、自分が望むほとんどどんな結論にも導いてくれる。なぜなら、何かを信じたいときには「それは信じられるものか?」と自問し、信じたくない場合には「それは信じなければならないものか?」と問うからだ。その答えは、ほぼどんなケースでも、前者は「イエス」、後者は「ノー」になる。158

  • 人々が政治思想で分かれてしまう原因を検証しようとする本。よくある「~だから○○主義者は正しい(or間違ってる)」という主張から一歩引いて科学的に道徳・政治の主張の源を解明している。人々がどういった心理でどんな政治的主張に熱心になるのかを知りたかったのでとても良かった。自分の思想を冷静に見つめなおすのにも役に立つ。訳文はわかりやすい方だと思う。注がかなり多いが無視して読み進めても全く問題ない。
    あと、保守主義者からは所詮これもリベラルの視点だという意見が多いようだが、著者も言うように最後の第12章を除き「~である」的分析に専念しているので「イズム」ベースの批判は無意味に思える。批判するなら理論やデータ分析に目を向けて欲しい。

  • 波頭亮さんが大絶賛していたので読んでみた。
    未だに整理できていないのが左とは右とは何ぞやという事。自分の中で右は英訳でrightounesであるように唯我独尊というイメージ。ただ経済では保守だったり政治だと革新にいく人もあるので単純にあの人は右だとか左だとか言っても意味がない気がした。
    正義は人それぞれの道徳に基づいている筈で筆者の分析によるとそれを「ケア/危害」「公正/欺瞞」「忠誠/背信」「権威/転覆」「神聖/堕落」の6種類に分類されるという。それは育った環境・教育・文化・脳内ホルモンの完治状態によって人それぞれ変わるものなのだ。
    いわゆるリベラルの人は前者2つだが、保守の人は全てをバランスよく重視する。保守の人は軸が多く向社会性だが反対に権威主義や全体主義、軸が多すぎてまとまりがつかない感じになるのだろう。リベラルの人は軸が少ない分最適化で物を考える人が多い気がする。いわゆる成功者はリベラルの人が多いんで、それに影響されて社会に出ると保守の人が多い事、多い事。
    ただ上記の「忠誠」「権威」「神聖」も確かに社会の秩序を保つのにはある一定の役割をしているのでリベラルの人も保守の人を完全に存在を否定すべきではないという事。多分左も右もうまくバランスが取れているのが良いんだろうなと思う。あと右とか左とかはいつもどっちがどっちかわからなくなる、この辺はまた勉強したいと思った。

  • 道徳心理学の本。
    右左については、ケア/危害、公正/欺瞞、忠誠/背信、権威/転覆、神聖/堕落の五項目の道徳の基盤に依存している。
    そして、政治、宗教の対立は、「私たちのこころは、自集団に資する正義を志向するように設計されているから」である。
    と説く。

  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:150//H15

  • 道徳心理学である。右と左はアメリカの政党のことで、アメリカの政党について、とのタイトルならば、購入はされないであろう。タイトル負け。

  •  なぜ社会は保守とリベラルに割れてしまうのか。道徳の定義を軸に考える。
     
     第一部では道徳的な判断が思考的というより直感的に下されることについて、第二部ではケア、自由、公正、忠誠、権威、神聖の六つの道徳の基盤を想定ことによって保守とリベラルの道徳基盤の違いを述べる。第三部では人の持つ集団的になりたがる傾向についてふれ、どうすれば二極化の対立を緩和できるかへと続いていく。
     自分達が正しく相手が間違っているのではなく、道徳基盤のバランスの違いなのであると作者は述べる。昨今、政治的なことについて二極化、分かり合えなさが強くなってる。この本は多くの人に読んでもらいたい。
     特にリベラル的な人は保守の道徳観についてだけでもふれてほしい。

     道徳心理学の一つの羅針盤。
     分厚いが丁寧に書かれている。

  • 原題:The Righteous Mind
    著者:Jonathan Haidt(社会心理学)
    翻訳:高橋 洋(翻訳家)

    ・紀伊國屋書店
    https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784314011174


    【目次】
    目次 [005-011]
    はじめに [012-022]

    第1部 まず直観、それから戦略的な思考――心は〈乗り手〉と〈象〉に分かれる。〈乗り手〉の仕事は〈象〉に仕えることだ
    第01章 道徳の起源 024
    道徳の起源/リベラルのコンセンサス/もっと簡単なテスト/非西欧社会では……/大きな議論/嫌悪と不敬/犠牲者をでっちあげる/まとめ
    第02章 理性の尻尾を振る直観的な犬 061
    ウィルソンの予言/情動の九〇年代/なぜ無神論者は自分の魂を売らないのか/「見ること」と「理由を考えること」/〈象〉と〈乗り手〉/議論に勝つ方法/まとめ
    第03章 〈象〉の支配 099
    脳はただちに、そして絶えず評価する/社会、政治的な判断はとりわけ直観的である/身体が判断を導く/サイコパスは理性的に思考するが感じない/乳児は感じるが思考しない/感情反応は脳のしかるべき場所でしかるべきときに起こる/〈象〉は理性に耳を貸す場合もある/まとめ
    第04章 私に清き一票を 129
    人は皆、直感的な政治家だ/私たちは投票に取りつかれている/専属の報道官がすべてを自動的に正当化してくれる/私たちはうまくうそをつき、正当化するので、自分が正直だと信じ込む/合理的な思考(とグーグル)は自分の行きたいところに連れて行ってくれる/私たちは自分のグループの支持するものならほとんど何でも信じる/合理主義者の妄想/まとめ

    第2部 道徳は危害と公正だけではない――〈正義心〉は、六種類の味覚センサーをもつ舌だ
    第05章 奇妙(WEIRD)な道徳を超えて 162
    三つの倫理/私が多元論者になったわけ/マトリックスからの脱出/まとめ
    第06章 〈正義心〉の味覚受容器 187
    道徳科学の誕生/システム主義者の攻撃/ベンサムと功利主義者グリル/カントと義務論ディナー/元に戻る/味覚を拡張する/道徳基盤理論/まとめ
    第07章 政治の道徳的基盤 210
    先天性について/〈ケア/危害〉基盤/〈公正/欺瞞〉基盤/〈忠誠/背信〉基盤/〈権威/転覆〉基盤/〈神聖/堕落〉基盤/まとめ
    第08章 保守主義者の優位 248
    道徳を測定する/何が人を共和党に投票させるのか/私が見落としていたこと/〈自由/抑圧〉基盤/比例配分としての構成/三対六/まとめ

    第3部 道徳は人々を結びつけると同時に盲目にする――私たちの90%はチンパンジーで、10%はミツバチだ
    第09章 私たちはなぜ集団を志向するのか? 296
    勝利者の種族?/足の速いシカの群れ?/証拠A――進化における「主要な移行」/証拠B――糸の共有/証拠C――遺伝子と文化の共進化/証拠D――迅速な進化/戦争がすべてではない/まとめ
    第10章 ミツバチスイッチ 343
    ミツバチ仮説/集合的な情動/スイッチを切り替える方法(自然に対する畏敬の念/デュルケーム剤/レイプ)/ミツバチスイッチ/ミツバチスイッチの生物学/ミツバチスイッチの働き/ミツバチの政治/まとめ
    第11章 宗教はチームスポーツだ 380
    宗教的な信念/新無神論者のストーリー ――副産物、そして寄生虫/新無神論者より説得力のあるストーリー ――副産物、そして文化の集団選択/デュルケーム流のストーリー ――副産物、そしてメイポール/神は善の力か、それとも悪の力なのか?/チンパンジー、ミツバチ、神々/道徳の定義/まとめ
    第12章 もっと建設的な議論ができないものか? 422
    政治的多様... 続きを読む

  • 【選書者コメント】「自分はこうだ!」って決めるのは大事かもしれないですが、柔軟に生きるのもありじゃないですかね
    [請求記号]1500:385

  • 地政学・戦略学博士の奥山真司さんがおすすめしていたので読んでみた。人間は理性的であるべきだしそういった人物によって統治されるべき、という哲学者の言葉に疑問を感じていたので(で、そんな超人はどこにいるの?)なぜ哲学者や合理主義者がそんな事を主張するのか納得はしないが理解の手がかりになった。リベラリストにとっては耳の痛い話が多いと思う。注釈が死ぬ程多いので少し読みづらい。日本、米国、欧州では保守とリベラルの定義が少しづつ違うのでそれを理解していないと混乱するかも

  • 「なぜ」というより「どのように」分かれているかを分析しており邦題に問題あり。リベラル・リバタリアン・保守の違いを〈ケア/危害〉〈自由/抑圧〉〈公正/欺瞞〉〈忠誠/背信〉〈権威/転覆〉〈神聖/堕落〉の6つの道徳基盤への強弱で解説しているのはわかりやすい。この図からは自分はリベラルとリバタリアンの中間ぐらいで、保守ではない事がはっきりする(後半3つの基盤はどうでもいいので)。ただし、原理主義→相対主義→多元主義へのSTEP感は意識しておきたい所。右も左も主義主張はいろいろあるんだろうが、最低限お願いしたいのは法律は守ってよって事だけど。

  • 真実よりも集団内での名声のほうが生存・繁殖に有利だったから作話をする。

  • -----

    読書
    社会はなぜ左と右にわかれるのか
    ジョナサン・ハイト著
    高橋洋訳

    まず直観に基づく道徳的判断

     道徳的判断を下す際、それは直観ではなく理性によって導かれると、普段、私たちは考えるが、実際には逆らしい。
     本書は膨大な心理実験から「まず直観、それから戦略的な思考」が立ち上がることを明らかにする一冊だ。道徳的な判断が理性的な思考にのみ基づくと考える理性偏重主義を退け、道徳における直観や常道の重要性を腑分けする。
     著者は、両者を「象使いと象」の関係にたとえる。「心は〈乗り手〉と〈象〉に分かれ、〈乗り手〉の仕事は〈象〉に仕えることだ」。乗り手は、私たちの意識的思考であり、〈象〉とは、残った99%の非意識的な心のプロセスのことだ。
     〈象〉がほとんどの行動を支配しているから、道徳に関する説明とは、常に理性の後出しジャンケンである。ただし、直観礼賛は本書の意図ではない。直観の裏付けのない理性の暴走も、理性の裏付けのない直観の暴走も極めて危険だ。
     本書は道徳の認知プロセスだけでなく、その功罪も明確に示す。いわく「道徳は人々を結びつけると同時に盲目にする」。集団内の紐帯としての道徳は、異なる人々との衝突をもたらすのだ。回避するには、道徳一元論を引っ込めるほかにない。
     政治や宗教など異なる集団間で、見解の不一致は残るとしても、互いを尊重し合う「陰と陽の関係。を築くべきだと著者は提案する。対立的な議論が先鋭化する現代、著者の実践思考の意義は大きい。(氏)
    紀伊國屋書店・3024円
        --「読書 社会はなぜ左と右にわかれるのか ジョナサン・ハイト著」、『聖教新聞』2014年07月26日(土)付。

    -----
     
    http://d.hatena.ne.jp/ujikenorio/20140730

  • タイトルの問いをこの本が解明しているかどうかは疑問である。政治というより心理学、倫理の話。道徳心理学というのかな。ベンサムの功利主義から白熱教室のその先へ。政治は理性は無く、感情の産物であることよ。8章あたりアメリカの政治、近年の民主党と共和党の理解がないと読むのが苦しい。ちなみにこれが書かれたのはオバマ当選以前であります。
    9章から10章あたりが遺伝子や人間の行動パターンの話題になってようやく面白くなるから、ちょっと分厚い本だけどガマンして読むと楽しい。11章からデネットやドーキンス。保守を理解したい(アメリカの)リベラルの位置にいるひと向けの本。

  • 原題は「正義の心」副題は左右ではなく政治と宗教。
    左右に分かれる理由ではなく、分断されてしまう理由を考察している。
    内容はそれなりに興味深いが文章がおそろしく読みにくい。


    政治や道徳の話になると、牽強付会にもほどがあるこじつけを堂々と語る人がいる。
    自分と違う立場の人のトンデモろんりを見ると、よくここまで破綻した主張ができるなと思う。
    でもあっちからは私がこう見えるんだろうとも思う。
    多様な価値観を認めたいのに、それを否定する人を見ると、道徳的な差異を許せなかったり脅威を感じたりもする。
    なぜそうなってしまうのか、道徳を巡る心理的メカニズムを説明する部分は面白い。

    これはリベラルが保守を理解するための本。
    その逆ではない。リベラルなつもりだった著者が自分の実感にもとづいて書いた本だから。
    ゆえに、双方向の橋渡しをするには力不足かな。
    保守がこれを読んでも「これだからリベラル(笑)は」にしかならないと思う。

    リベラルの「道徳」は精製されているから、他の「道徳」の雑味を理解できない。ってのはなるほど。
    論理に忠実であろうとすると潔癖かつ排他的になりやすいかも。


    後ろに行くにつれて著者の主張が目立ってくる。
    特に宗教と政治は著者の「道徳」に引きずられている。
    「道徳は人を結びつけるが盲目にもする」という本だから、著者自身の無自覚な偏りが目についてしまう。
    元リベラルを自称するにもかかわらず、保守もリベラルも「彼ら」としてしか語らない、ひとごと全開な姿勢が気に入らない。


    読みたい内容ではあるけれど読むのに時間がかかった。
    文化もしくは価値観の違いにつまづき、不適切な比喩と論理の飛躍に疑問を感じる。そのうえ訳が悪文。
    いろんな意味で読みにくい。

    先行研究の引用も半端だから、対照群はどうなのかとか因果は本当にそっちかとか、納得できない部分が多い。
    この調査に私が答えたら、私の意図とは真逆の解釈をされてしまうだろうと思うところがいくつもあった。

    リベラルは/哲学者はこう主張するが云々というフレーズがよく出てくるが、誰の主張なのか書かれていない部分が多い。こんなに注だらけの本なのに。
    こういうのも、仮想敵を肥大させるパターンじゃないのかなあ。

    書き方がわかりにくすぎる。
    この本を読むと「疑念がわくのは信じたくないがゆえのバイアス」だろうかと考えてしまうけれど、私はこの内容を信じたい派だ。
    内容以外のところで頭を使わなければいけないので疲れる。

    性的「嗜好」という訳語はいまどきどうなの。


    リベラルが保守を知ろうとする本なら
    『社会運動の戸惑い』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4326653779のほうがしっくりくる。

    追記
    『一冊で知るキリスト教』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/441531550Xを読んだらちょっとわかった気がする。
    自由を拒むようにみえる保守(カトリック)は、広い道徳(聖人信仰など)を包摂しているのに対し、論理(聖書)を重んじるリベラル(プロテスタント)はひとつの価値観(三位一体)を絶対視する。
    この本で描かれる「リベラルの狭い道徳」は、「プロテスタントの一神教」と考えたほうが私には納得できる。
    私の考えるリベラルは著者の描くリベラルよりも多神教的だから、書いてある感覚がしっくりこなかったみたいだ。

  • 翻訳本は、本当に読みづらい。そして600ページもあるので、読み終わるのに時間がかかってしまいました。持ち歩くのもかさ張るし。でも、いろいろと気づきの多い本でした。

  • 尾木ママが読んでるから

全20件中 1 - 20件を表示

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学を本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学を本棚に「積読」で登録しているひと

社会はなぜ左と右にわかれるのか――対立を超えるための道徳心理学はこんな本です

ツイートする