現代物理学3大理論―相対性理論 量子論 超ひも理論 (ニュートンムック Newton別冊)

  • 32人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
  • ニュートンプレス (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784315519761

現代物理学3大理論―相対性理論 量子論 超ひも理論 (ニュートンムック Newton別冊)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 光速に近づくほど時間は遅れる。
    特殊相対性理論=光より早いものはない。動いている系の中では動いていないのと同じ。
    これを組み合わせると、時間が変化する以外に結論はない。
    空間も時間も伸び縮みする。

    光速に近づくと質量が増大する。加速に使われるエネルギーが質量に代わる。=質量とエネルギーは同じもの。E=mc2

    特殊相対性理論は慣性系で成り立つもの。一般相対性理論は加速度系でも成り立つもの。

    水星の近日点移動はニュートン力学では正確には説明できなかった。重力で光が曲がる、と考えられる。

    落下する箱の中では重力は消える=慣性力と重力は同じ=等価原理。

    落下とは曲がった空間をすすること。球面上の直線運動のようなもの。
    重力は空間の曲がりが引き起こす力。

    重力によって光速が見かけ上変化する=重力が強い場所ほど時間の流れが遅い。

    光は粒である。波と考えると、光のエネルギーが弱まって夜空は真っ暗なはず。

    アインシュタインは、光電効果の解明でノーベル賞をもらった。

    ボーアの原子モデル。
    電子は見ていないときは波のようにふるまい、見ると粒子として姿を現す。=コペンハーゲン解釈

    シュレディンガーの猫=半生半死の猫は存在しない。

    量子化学=原子の違いを量子論から分析する。

    今のところ重力は量子論の守備範囲外。
    量子重力理論の有力候補に超ひも理論がある。

    ハイゼルベルグの不確定性原理=測定に使う波長が短いと電子の位置の誤差は小さいが、エネルギーの誤差が大きい。長いと、位置の誤差が大きい。
    小澤の不等式で否定された。ゆらぎ、に関する不等式。

    超ひも理論=9次元であることを予言している。
    宇宙に横たわる宇宙ひも=100億光年以上の長さ
    重力波で観測可能=飛騨の神岡鉱山地下でかぐらが建設中。

    超ひも理論とは、超対称性粒子の存在を仮定しているひも理論。

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】421.2||G 【資料ID】91150989

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エドワード・フレ...
ジム・アル-カリ...
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

現代物理学3大理論―相対性理論 量子論 超ひも理論 (ニュートンムック Newton別冊)はこんな本です

現代物理学3大理論―相対性理論 量子論 超ひも理論 (ニュートンムック Newton別冊)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

現代物理学3大理論―相対性理論 量子論 超ひも理論 (ニュートンムック Newton別冊)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする