文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 田中 実  須貝 千里 
  • 教育出版 (2012年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784316803258

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ライトノベルやエンターテイメントな小説があふれるこの時代、敷居の高い「文学」をどうして教育に多く取り入れるのか。「文学」は教育に、子どもに何を働きかけるのか。この謎の答えを知りたい方はぜひ読んでください。
    (教育学部・国語専修/匿名希望)

全1件中 1 - 1件を表示

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)を本棚に登録しているひと

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)を本棚に「積読」で登録しているひと

文学が教育にできること―「読むこと」の秘鑰(ひやく)の作品紹介

ポスト・ポストモダンの時代に文学が教育にできることとは?「読むこと」の秘鑰が「夢の読者共同体」を創り出す。"第三項"と"語り"をめぐる探究へ。

ツイートする