人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Helge S. Kragh  竹内 努  市來 淨與  松原 隆彦 
  • 共立出版 (2015年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320047280

人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらゆる時代の賢者が、その時代に可能な限りの観測技術を用いて「この世界・宇宙の成り立ち」を考察するさま。決して、昔の人が愚かだったわけじゃない。数式をガンガン入れてくるのも気持ち良い。それほど熟読に至ってないが、それでも誤植をいくつか見つけた。

  • 【新着図書ピックアップ!】 イギリスBBCニュースによれば、ブラックホールに詳しいスティーブン・ホーキング博士は、BBCニュースの単独取材に対して、重力波の観測成功に関してこう述べたそうだ。
    「重力波によって、宇宙をまったく新しい方法で観測できるようになる。重力波を観測できるようになれば、天文学に革命が起こり得る。」
    「アインシュタインの相対性理論を検証するだけでなく、宇宙の歴史におけるブラックホールを観測できるかもしれない。極限のエネルギーを発しているビッグバンの最中の、最初期の宇宙の痕跡さえ見えるかもしれない。」
    アインシュタインからの100年間の宇宙物理学の歴史の俯瞰に挑む学生におすすめの一冊。

    【New Book!】Prof Stephen Hawking, who is an expert on black holes, speaking exclusively to BBC News, said he believed that the first detection of gravitational waves marked a key moment in a scientific history.
    “Gravitational waves provide a completely new way at looking at the Universe. The ability to detect them has the potential to revolutionize astronomy.”
    “Apart from testing (Albert Einstein’s theory of ) General Relativity, we could hope to see black holes through the history of the Universe. We may even see relics of the very early Universe during the Big Bang at some of the most extreme energies possible”
    By this new arriving book, you can get a bird’s eye view over the history of astrophysics for 100 years after Einstein. 

  • 請求記号 443.9/Kr 1

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジム・アル-カリ...
イアン・スチュア...
ニック・レーン
森田 真生
ジャレド・ダイア...
エドワード・フレ...
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
イアン・スチュア...
カルロ ロヴェッ...
グレゴリー チャ...
有効な右矢印 無効な右矢印

人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語を本棚に登録しているひと

人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人は宇宙をどのように考えてきたか: 神話から加速膨張宇宙にいたる宇宙論の物語の作品紹介

本書は人類が自らの住む世界,つまり宇宙をどのように捉えてきたかを統一した視点から論じるユニークな本である。宇宙全体を客観的対象と捉えて研究する学問を宇宙論と呼ぶ。すなわち,本書が扱うテーマは古代メソポタミアの人々から現代の職業研究者まで,数千年のタイムスケールで進化してきた宇宙論のいわば進化の歴史である。自らの目のみを観測装置としていた宇宙神話創生期の人々にとって,宇宙を統べる法則は地上とは切り離され,「理由」を考えることを拒み,ただそこに存在するものであった。時代とともに人々の思索は発展し,宇宙の法則は生きる術としての生活規範からそれ自体を考える対象へと変わってゆく。実は,宇宙論は意外なほど早い時代に神話と決別している。誤解されがちだが,古代ギリシャをはじめとするこの時代の天文学観測は近代から見ても驚くべき精緻な体系を誇る,まさに宇宙論そのものである。著者はとかく素朴で原始的とみなされがちなこの時代の宇宙論が,当時としては最新の理論体系であり,その意味で現代宇宙論の最先端と何ら遜色がないことを最初に強調する。自然哲学の成立の中で宇宙論はその位置づけを何度か変えつつ,美しい天の理論が作られていった。しかし宇宙論の発展は決して単調ではなく,極めて非線形かつ複雑である。キリスト教教義の浸透による停滞を経て,神学,宗教的教条との関係を最後まで引きずりつつも,自然科学の成立の一部として宇宙論もその形を整えてきた。近代物理学の成立とともに宇宙論もついに科学として成立してゆく。銀河宇宙,宇宙膨張という驚異の観測的発見と,古典力学,電磁気学,統計力学,相対論そして量子論までに至る物理学によって,宇宙論は現代も驚くべき速さで発展している。しかし,その流れの中で古代の神話に見られた観点の転換が何度も繰り返されている。本書には物理学の専門的解説も多く含まれるものの,苦手な方はそれを読み飛ばしても十分読みごたえがある内容に仕上がっている。宇宙物理学に関わる研究者はもちろん,天文学史に興味のある読者,宇宙について素朴な疑問を持ち続けている一般の天文ファンの方々,そして単純に宇宙と神話にロマンを感じるすべての方にお薦めする。

ツイートする