「使いやすさ」の認知科学―人とモノとの相互作用を考える (認知科学の探究)

  • 37人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 原田悦子
  • 共立出版 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320094406

「使いやすさ」の認知科学―人とモノとの相互作用を考える (認知科学の探究)の感想・レビュー・書評

  • 何度となく参照している。

    特に印象深いのは、
    ◆2章「人間-コンピュータ間の社会的インタラクションとその文化依存性」;
    コピー機の課題分割はユーザのメンタルモデルの活用と関連して興味深く、
    ◆3章「認知的人工物を介した対話―対象支持コミュニケーション場面における認知的課題の検討」;
    人工物間比較アプローチの肝(システムビューvsパーソナルビュー)、また「場の共有」の重要性およびテレビ対話型の課題について、
    ◆そしてもっとも私にとって重要で好きな章、
    6章「『使いやすさ』とは何か―高齢社会でのユニバーサルデザインから考える」;
    高齢群・若年群、複数のIT機器を用いた認知的ユーザビリティテストの実施、
    そして観察されたエラーについて、認知心理学・科学的に考察している。
    そこからユニバーサルデザインの概念(高齢者に使いにくいものは若年者にとっても使いにくい、逆もまた然り)を、認知科学的に説明している点がとても面白い。
    おそらく……と断っておくが、ヒトは、年齢の高低/文化・国籍を問わず、認知機能のかなり多くの部分において一貫した特性を持つ。
    つまり、誰しも認知をする時に共通する認知の仕方をする。
    そういう基本的な性質がある。
    その事がユニバーサルデザインという概念の根本にある。
    ヒト「一般」の使いやすさと、年齢・文化といった特性にしぼったときのヒトの使いやすさについて、それぞれを考えるためのヒントがこの章には詰まっている。

全1件中 1 - 1件を表示

原田悦子の作品一覧

原田悦子の作品ランキング・新刊情報

「使いやすさ」の認知科学―人とモノとの相互作用を考える (認知科学の探究)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「使いやすさ」の認知科学―人とモノとの相互作用を考える (認知科学の探究)を本棚に「積読」で登録しているひと

「使いやすさ」の認知科学―人とモノとの相互作用を考える (認知科学の探究)はこんな本です

ツイートする