インターネット時代の文字コード

  • 10人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 共立出版 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320120389

インターネット時代の文字コードの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • HUMICでの請求記号「007.6/Ko 12」

  • しばしば、文字コードと文字フォントとコード処理方法の区分を明確にせずに、文字コードとして議論していることがある。漢字で楷書と草書では、文字が1対1対応しているとは限らないとすれば、それは、文字コードで対応すべきか、文字フォントで対応すべきか、コード処理の方法で対応すべきかを、即時に一意に決めることは困難かもしれない。
    本書は、文字コードの標準化委員とMuleの開発者である戸村さんたちがまとめた文字コードに関する知見が整理されたものである。文字鏡フォントの成果と、コード処理の国際的な成果であるMuleとを合わせて議論するとよいかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

安岡孝一の作品

インターネット時代の文字コードはこんな本です

インターネット時代の文字コードを本棚に「読みたい」で登録しているひと

インターネット時代の文字コードを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

インターネット時代の文字コードを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする