アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)

  • 91人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (1)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 浅野哲夫
  • 共立出版 (2006年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784320121676

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アルゴリズムの入門書としては逸材です.
    変数や借り返しについて,何が便利なのかがわかります.
    演習問題もあり,とても勉強になります.
    しかし,誤植が多いです.

  • -

    ファレイ数列はしらなかったので感動。

全3件中 1 - 3件を表示

浅野哲夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)はこんな本です

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)を本棚に登録しているひと

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)を本棚に「積読」で登録しているひと

アルゴリズム・サイエンス:入口からの超入門 (アルゴリズム・サイエンスシリーズ 1―超入門編)の作品紹介

本書の目的は、読者にアルゴリズム研究の楽しさを伝えることである。アルゴリズムを考える楽しさは試行錯誤にある。どんなにすばらしいと思えるアルゴリズムが得られても、けっして満足することなく、何か改良すべきことがないかどうかを探し続けるのが、アルゴリズム研究の真髄である。本書は、新たに建設された興味深いアルゴリズム分野を紹介する「数理技法編」の入門書である。

ツイートする