バナナのかわですべったら (こどものくに傑作絵本)

  • 29人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : もりひさし
制作 : 西川 おさむ 
  • 金の星社 (1976年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323001876

バナナのかわですべったら (こどものくに傑作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 猿モンキッキ、りんご売り、バス、ペンキ屋ハシゴ、信号機緑、渋滞、見物ビル倒れる

  • 108

  • バナナのかわをこのまま放っておいたらどうなるんだと想像します。どんどん一大事になっていくその発想がとても面白いです。

  • 学校図書館蔵書。風が吹いたら桶屋が儲かる的ストーリー。少し昔の本なので、教育的要素もあるのですが、ユニークに仕上がっているのでとても面白いです。

  • 【蔵書案内・ものがたり】坂東市の図書館:軽快な文章に、ここまでくる?という想像力。ユーモラスな絵とくりかえのきめぜりふはいつのまにか子どもたちも大声で一緒に叫んでくるでしょう。  ぐぐぐ~っと読んでいって最後のページでハッピーエンド。小学校低学年までのよみきかせにおすすめです☆

  • 道ばたに落ちてたバナナの皮で滑ったおさるの男の子。
    このままバナナの皮が道ばたに落ちたままだとどうなるのか、
    考えに考えに考えます。
    どんどんエスカレートしていく空想が面白いです。
    マナー絵本。

  • 娘が図書館で選んだ本。

    絵もかわいく、
    話もユーモラスで面白い。

    幼児向けかも。

    2007年11月

  • 横長で右開き、縦書きの文字もなかなか新鮮な絵本。さるのモンキッキは、道路の真ん中に落ちているバナナの皮をふんずけた。すべって転んだモンキッキは、想像を巡らせる。これをもし、りんご売りのくまさんが踏んで転んだら・・・園バスがりんごの上を走ってしまい・・・看板を描いているペンキやさんの脚立に衝突!・・・想像はどんどんふくらみ、最後は90階建てのビルが倒れてしまう。だから「バナナの皮が落ちてたら ちゃんとすてなきゃ いけないんだ」とモンキッキは結論付ける。想像することの楽しいことよ!想像力、バンザイ!!

全8件中 1 - 8件を表示

もりひさしの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マージェリー カ...
馬場 のぼる
モーリス・センダ...
マイケル・グレイ...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

バナナのかわですべったら (こどものくに傑作絵本)はこんな本です

ツイートする