やさいのおしゃべり

  • 202人登録
  • 3.70評価
    • (16)
    • (22)
    • (29)
    • (4)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 泉なほ
制作 : いもと ようこ 
  • 金の星社 (2005年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323013664

やさいのおしゃべりの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.10 2-1

  • 7分

    冷蔵庫の野菜室にいる野菜たちの悲喜こもごも。
    可愛い絵で楽しいお話です。
    野菜ぎらいの子には食べたほうが良いかなと
    思ってもらえるかも。

    れいちゃんが「1年生になったから好き嫌いをしない」
    と出てくるので、1年生かそれより小さい子向けかな・・

  • 2歳11ヵ月
    読み終わったら、
    冷蔵庫まで親子で走って行って耳をすませる
    遊びもセットで!

  • 食べるつもりで買っておいた野菜。つい忘れてしまってダメにしたことがあります。食べることなく捨ててしまうのは罪悪感があります。でも、また同じことをしてしまうんですよね。(苦笑)そんなことにならないように気をつけようと本作を読んで思いました。野菜達は食べられるためにいる。だから美味しいときに食べて感謝してあげないとね。

  • 第2号(2005/7/20)

  • ぼくは「きゅうり」。
    冷蔵庫の中で、出番はまだか、何になるのか、ドキドキワクワクしながら待ってます。
    でも、ここのお母さんはよく野菜を腐らせちゃうし、子供のれいちゃんはキュウリがきらいなんだって。
    ぼく、食べてもらえないのかなあ・・・

    野菜室で出番を待つ、野菜たちのおしゃべりを通して、好き嫌いや食べ物を大切にすることを学ぶ絵本。
    寒いのが嫌いなのに、冷蔵庫に入れられちゃったサツマイモ(鹿児島弁が面白い!)や折れ曲がったネギなど、キュウリ以外の野菜もいっぱい出てきます。
    ほんとに野菜室では、こんな会話していそう!
    耳を澄ませばほんとに声が聞こえてくるのでは?と思うリアルな会話が子供にも響く様です。

  • [墨田区図書館]

    いもとようこさんの絵を彷彿とさせる、柔らかく可愛らしいタッチの絵本です。

  • 読んでて母の方がギクリ。冷蔵庫のお野菜、ちゃんと使わなきゃ。。。(;´Д`A

  • まだ、使ってない野菜はあるのに…また買い込むお母さん。

    ジャガイモもサツマイモもどうして冷蔵庫なのー!!とつい言いたくなる。(笑)

    野菜室でしゃべる野菜たち☆
    ぜひ、野菜嫌いな子と買いだめするお母さんに読んであげたい一冊です。

  • 冷蔵庫の中の野菜たちのおしゃべり。


    ♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪・・・・・♪


    笑えた。
    冷蔵庫でものを腐らせるお母さんに読んでもらいたいねー

    3階の冷凍室には3年前のご飯がこおっている。だって!
    いかんよーそりゃ~

    子供が読んだら、冷蔵庫チェックされちゃうんじゃないかな?w

全27件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
なかの ひろたか
モーリス・センダ...
エリサ クレヴェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

やさいのおしゃべりを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やさいのおしゃべりを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やさいのおしゃべりを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする