きつねのでんわボックス

  • 136人登録
  • 4.15評価
    • (23)
    • (14)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 23レビュー
著者 : 戸田和代
制作 : たかす かずみ 
  • 金の星社 (2006年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323013701

きつねのでんわボックスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  こどもをなくしたかあさんぎつねは、ぽつんとした電話ボックスのあかりを見つけ、近づいた。そこでは、男の子がおかあさんに電話をかけていて…。

  • 最愛の我が子を亡くしたお母さんきつねが、悲しみも思い出も胸の中にきちんとしまって、生きていこうとする姿に涙。
    そんなお母さんきつねの心を暖めようとして、取り壊される予定の電話ボックスが最後の力を振り絞って灯りを灯すシーンに胸を打たれました。
    親子愛が話題になる作品ですが、個人的には電話ボックスの最後の役目の終え方がとても印象的です。
    間違いなく名作と言っていい作品だと思います。

  • 決して大人数相手ではなく、ベッドサイドで我が子に読んで聞かせたい一冊です。

  • 泣いてしまいました。
    優しさというものの本質を見たような絵本です。
    最後にきつねの悲しい心が救われて良かったなと思いました。
    読み聞かせにと思いましたが、これは途中で泣いてしまいそうです。

  • 何気なく手に取って読んだら、途中から涙がでてしまって困りました。
    子供向けというよりは、母親向けの本だと思います。
    子ギツネを亡くした母キツネ。わが子に重ねる人間の男の子。

    今はほとんどみかけない「電話ボックス」の存在が、さみしさをより一層と深くさせているように思えてなりません。この作品が書かれた1996年は、携帯電話を持つ人が爆発的に増えてきた丁度最初辺りですね。

  • 何気なく手に取って読んだら、途中から涙がでてしまって困りました。
    子供向けというよりは、母親向けの本だと思います。
    子ギツネを亡くした母キツネ。わが子に重ねる人間の男の子。

    今はほとんどみかけない「電話ボックス」の存在が、さみしさをより一層と深くさせているように思えてなりません。この作品が書かれた1996年は、携帯電話を持つ人が爆発的に増えてきた丁度最初辺りですね。

  • 新聞の批評を読んで即購入。うーん、泣けるってほどではなく、心が固いのか、とちょっと悲しくなりました。でも、とてもかわいいお話だし絵がとにかく可愛い!ふとした時に開いて、和みたいです。

  • 図書館本。戸田 和代/作, たかす かずみ/絵。
    原作あり。童話『きつねのでんわボックス』戸田和代/著(金の星社 ,1996年刊) ISBN-10: 4323020104 , ISBN-13: 978-4323020105 を もとに新たに絵本用に書き下ろしたものが本書。

  • 母きつねの喪失感、ぼうやへの想いがひしひしと伝わってくる。
    電話ボックスが、最後の灯りをともすシーンは感動的。
    (読んだ時期:6歳)

  • もらった本

全23件中 1 - 10件を表示

戸田和代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 牧江
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
酒井 駒子
平田 研也
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印

きつねのでんわボックスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きつねのでんわボックスの単行本

きつねのでんわボックスの大型本

ツイートする