命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩 (ノンフィクション知られざる世界)

  • 23人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 今西乃子
制作 : ピースウィンズ・ジャパン  浜田一男 
  • 金の星社 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784323060897

命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩 (ノンフィクション知られざる世界)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ふるさと納税で「広島県神石高原町」の「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトに寄付。その後、この本が郵送されてきました。殺処分寸前で命を救われた子犬の夢之丞。その後、温かい「ピースワンコ・ジャパン」のスタッフの訓練によって、救助犬として活躍するまでに成長。人間の身勝手さによって棄てられた子犬が、人間の役に経ち、手助けしてくれる救助犬に成長。考えさせられる1冊。

  • 人間に捨てられ、殺されようとした犬が、同じその人間の役に立とうとしている…きていることが大切」…その通り!! 他人が 命を奪うなんて 言語道断!!

  • 私は、災害救助犬の夢之丞(犬の名)を昨年、広島で起きた土砂災害の報道写真で知った。泥まみれになって災害現場で活動する姿は、大の犬好きの私の胸を熱くした。主人である人間に褒められたい一心で働く犬たちの気持ちを思うといつも犬の素晴らしさを感じずにはいられない。犬は人間を最良のパートナーとして受け入れてくれる。信じてくれる。

    記事を読むと、夢之丞は元捨て犬で殺処分対象の犬だったという。人間に殺されようとしていた犬が、人のために危ない現場で働いているのだ。「ありがとう。夢乃丞」と感謝の気持ちでいっぱいになった。

    夢之丞を知ってから数カ月後、本書を見つけた。
    特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの運営するピースワンコ・ジャパンは、活動のひとつとして災害救助犬を育てている。夢之丞は第一号の救助犬。保護当時、怯えていた夢之丞に根気強く接し、可能性を信じ育てていく様子は、はじめからうまくいく者(犬)だけに素質があるわけではないということを教えてくれる。
    居場所がないから殺される。役に立たないから殺される。のであれば、居場所を作ってやる。長所を見つけて生かしてやればいい。「生きてこそ」可能性が生まれる。

    命を奪われる瞬間、生き物は弱い状況に置かれている。だから助けが必要なのである。助けは人だけでなく、犬でも同じ。殺される直前だった弱い子犬(夢乃丞)はピースワンコジャパンの人に助けられた。そして助けられた夢乃丞が、災害にあった人の命を助ける。この助けあいがあるから、この世界で安心して生きられるのではないだろうか。希望を感じられる一冊。

    殺処分ない社会を。命を救う社会を願う。

全3件中 1 - 3件を表示

今西乃子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松成 真理子
三浦 しをん
東野 圭吾
ヨシタケ シンス...
三浦 しをん
荒井 真紀
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩 (ノンフィクション知られざる世界)はこんな本です

命を救われた捨て犬 夢之丞 災害救助 泥まみれの一歩 (ノンフィクション知られざる世界)の作品紹介

泥にまみれて広島で救助活動を行った1匹の災害救助犬。夢之丞という名のその犬は殺処分寸前で救われた犬だった-殺処分直前に動物愛護センターから引き出された1匹の子犬。おくびょうで人をよせつけず、散歩すら苦手。食べ物への欲もなかったこの子犬は、やがて新米ハンドラーと共に訓練をこなし災害救助犬として新たな一歩をふみだした。

ツイートする