知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチ

  • 14人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 染谷昌義
  • 勁草書房 (2017年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326102594

知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784326102594

全1件中 1 - 1件を表示

染谷昌義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティム・インゴル...
有効な右矢印 無効な右矢印

知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチを本棚に登録しているひと

知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチを本棚に「積読」で登録しているひと

知覚経験の生態学: 哲学へのエコロジカル・アプローチの作品紹介

ギブソンの生態学的知覚論の革命性は、知覚経験を考える上で主体内部の機構ではなく環境の役割を何よりも重視するという劇的な転回を行ったことにある。本書ではエコロジカル・アプローチが認識と行為をめぐる哲学的問題に対して持つ革命的な意義を明らかにし、哲学を方法的独我論の軛から解放して認識を新しく捉えなおす視点を提示する。

ツイートする