相対性理論の哲学

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 広松渉 勝守真
  • 勁草書房 (1986年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326150441

相対性理論の哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マッハとアインシュタインの関係を通じて、相対性理論の哲学的背景を明確にしようとている。

    初版は、板垣良一が第3章でアインシュタインとマッハとう表題で書いていたそうである。

    改訂版は勝守真が、執筆したとのこと。初版の3章は、2章を補完する物であったのとのこと。

    マッハの認識の分析、感覚の分析などの理論を読んでから、相対性理論を読んだら、解りやすいと感じました。

    具体的な理論と抽象的な理論の関係について何か誤解をしているところがあるかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

広松渉の作品

相対性理論の哲学を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

相対性理論の哲学を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする