公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方

  • 5人登録
  • 1レビュー
著者 : 桂木隆夫
  • 勁草書房 (2016年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326154425

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784326154425

全1件中 1 - 1件を表示

桂木隆夫の作品

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方を本棚に登録しているひと

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方を本棚に「読みたい」で登録しているひと

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方の作品紹介

見知らぬ他者との協力と信頼によって築かれる秩序はいかにして可能か。民主主義だけでなく市場もまた、それを実現する重要な社会制度であり、特定価値の実現でなく多様な価値のバランスの追求こそが公共哲学の任務とみる、民主主義と市場が支える自由社会をですます調で語る入門書。増補版では2005年以降の社会の変化を織り込む。

公共哲学とはなんだろう [増補版]: 民主主義と市場の新しい見方はこんな本です

ツイートする