社会的事実の数理: デュルケーム、モース、レヴィ=ストロース

  • 6人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
著者 : 落合仁司
  • 勁草書房 (2017年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326154432

社会的事実の数理: デュルケーム、モース、レヴィ=ストロースを本棚に「読みたい」で登録しているひと

社会的事実の数理: デュルケーム、モース、レヴィ=ストロースを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会的事実の数理: デュルケーム、モース、レヴィ=ストロースを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会的事実の数理: デュルケーム、モース、レヴィ=ストロースの作品紹介

アメリカの社会科学が社会を諸個人の主観的な意志に還元して説明する方法論的個体主義をとるのに対して、フランスの社会理論の特徴は方法論的全体主義にある。本書はフランス社会理論の本流をなす理論を初めて数理モデル化することでその特徴を鮮明に浮かび上がらせ、アメリカ社会科学の数理モデルに対置させる基盤を作る、画期的研究。

ツイートする