言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)

  • 42人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 坂本 百大  土屋 俊 
  • 勁草書房 (1986年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (397ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326198757

言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 修士論文の参考文献(その2)。オースティンと並ぶ発話行為理論の大家である、ジョン・サールの本。当時の私に向けて、今の私にアドバイスできることがあるとしたら、「オースティンやサールを読むのなら、ウィトゲンシュタインとデリダくらい読んでおいた方がいいよ」ということかな。そして、当時の指導教官の助教授にお願いしたいことがあるとしたら、「この研究を止めてください」ということかな。

  • [ 内容 ]
    オースティンが提起し、サールによって完成された言語行為論。
    いま、豊かな可能性を孕んで広がりつつある理論の原点。

    [ 目次 ]
    第1章 方法と展望
    第2章 表現・意味・言語行為
    第3章 発語内行為の構造
    第4章 言語行為としての指示
    第5章 述定
    第6章 現代哲学における三つの誤謬
    第7章 指示をめぐる諸問題
    第8章 「事実」から「当為」を導く議論について

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 言語行為に意味と意図を組み込む。サールはデリダと論争した人です。

全3件中 1 - 3件を表示

ジョン・R.サールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トーマス・クーン
ジョン・R. サ...
ミシェル・フーコ...
デュルケーム
國分 功一郎
アリストテレス
リチャード・ドー...
戸田山 和久
J.L.オーステ...
ミシェル・フーコ...
リチャード ロー...
ハーバート・A....
有効な右矢印 無効な右矢印

言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)はこんな本です

言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)を本棚に「積読」で登録しているひと

言語行為―言語哲学への試論 (双書プロブレーマタ)の作品紹介

オースティンが提起し、サールによって完成された言語行為論。いま、豊かな可能性を孕んで広がりつつある理論の原点。

ツイートする