ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Dimitri Gutas  山本 啓二 
  • 勁草書房 (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326200450

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 訳がこなれてないのが残念

全1件中 1 - 1件を表示

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動のその他の作品

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動はこんな本です

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動を本棚に登録しているひと

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動を本棚に「積読」で登録しているひと

ギリシア思想とアラビア文化―初期アッバース朝の翻訳運動の作品紹介

8世紀からのアラビア・ルネサンス。アッバース朝はギリシアの科学・哲学をなぜ、どのようにしてアラビア世界に導入したのか。社会的・イデオロギー的要因から解明する。

ツイートする