入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界

  • 22人登録
  • 3.80評価
    • (2)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 石黒馨
  • 勁草書房 (2007年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326301676

入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 非常に体系だっていて勉強になった。理論構築の方法を学ぶことができた。

  • 国家主権論争:グローバリゼーションが主権国家の排他的領域性を侵害するかどうかに関する論争。
    トランスナショナルなアクターである多国籍企業の展開。
    リベラリズムは相互依存関係の深化によって国家主権が後退すると考える。
    ナッシュ均衡。
    ソマリア内戦のような破綻国家における和平交渉の場合には、紛争の主たる当事者以外の勢力が交渉の席につくこともある。

全2件中 1 - 2件を表示

石黒馨の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
スティーヴン・D...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界はこんな本です

入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界を本棚に「読みたい」で登録しているひと

入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

入門・国際政治経済の分析―ゲーム理論で解くグローバル世界の作品紹介

分権的な主権国家システムにおいて経済活動が国境を越えて広がり、経済的相互依存関係が拡大すれば、貿易・投資・金融のような経済問題をめぐって主権国家間あるいは経済主体と主権国家の間で対立や協調の可能性が高まる。国際政治経済の理論をわかりやすく説明し、それらの理論をつかって通商交渉、通貨協力、地域紛争の事例分析のお手本を示す。理解を深めるための練習問題と文献案内つき。

ツイートする