社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法

  • 40人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Alexander L. George  Andrew Bennett  泉川 泰博 
  • 勁草書房 (2013年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326302147

社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  定性分析の方法論。特にKKVを意識している。KKVは定性的研究にも統計的検証に相似した条件設定を求めたが、それへの反発なり困惑は色々な場面で示されていて、日本語でも清水・河野『政治経済学方法論』で”KKVを超えて”みたいな節があったように記憶している。
     この本はざっと読みだとポッパーあたりまで持ち出して科学哲学から論じていて、方法論マニア的には興奮しそうな一冊。
     別に急いで読むべき本ではないし、読み切れるかどうかなーという感じはするが、これは買って損のない一冊と思う。

全1件中 1 - 1件を表示

アンドリュー・ベネットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スティーヴン・ヴ...
ポール・ミルグロ...
イアン・ハッキン...
ウィトゲンシュタ...
ジョン ロールズ
イツァーク・ギル...
ミシェル・フーコ...
有効な右矢印 無効な右矢印

社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法はこんな本です

社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法を本棚に「積読」で登録しているひと

社会科学のケース・スタディ―理論形成のための定性的手法の作品紹介

社会科学では、事例研究をどのように進めて、どのように理論形成に結び付けるべきなのか?本書は、全米の大学で採用されている方法論の手引書。研究をより精緻にするための整合性手法、過程追跡、類型理論なども詳しく解説し、方法論への深い洞察を示す。研究デザインをつくるのに便利な補章「研究デザインの実例」も収録。

ツイートする