無罪の発見―証拠の分析と判断基準

  • 10人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 渡部保夫
  • 勁草書房 (1992年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326401505

無罪の発見―証拠の分析と判断基準の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ぼくは痴漢じゃない!』P321で升味氏が推薦、引用。

全1件中 1 - 1件を表示

渡部保夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キース エヴァン...
有効な右矢印 無効な右矢印

無罪の発見―証拠の分析と判断基準はこんな本です

無罪の発見―証拠の分析と判断基準を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無罪の発見―証拠の分析と判断基準を本棚に「積読」で登録しているひと

無罪の発見―証拠の分析と判断基準の作品紹介

有罪方向の証拠の存在は誇張され、無罪方向のそれは陰に隠れる。誤りない裁判への徹底考究の成果。

ツイートする