社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用まで

  • 50人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大浦宏邦
  • 勁草書房 (2008年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326602131

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用までの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 基礎が分かりやすく記載あり。おおよそ記載モデルはシンプル。それゆえ、奥の深さがわかる。シンプルなモデルでも十分興味深い。なお、応用とあるが、アプリケーションというわけではなく、発展的なモデルという意味と思われる

  • 331.19||Ou7||Sh

全2件中 1 - 2件を表示

大浦宏邦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
奥野 正寛
戸田山 和久
スティーヴン・D...
岡田 章
イツァーク・ギル...
二神 孝一
ジョン・ロールズ
有効な右矢印 無効な右矢印

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用まではこんな本です

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用までを本棚に登録しているひと

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用までを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用までを本棚に「積読」で登録しているひと

社会科学者のための進化ゲーム理論―基礎から応用までの作品紹介

ひとびとが他人の真似をしたり試行錯誤したりするときに、社会は全体としてどのように変化していくのか。メイナード=スミス以来、生物学の領域から発展してきた進化ゲーム理論の中級テキスト。

ツイートする