「ゲイコミュニティ」の社会学

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森山至貴
  • 勁草書房 (2012年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326602438

「ゲイコミュニティ」の社会学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • きわめて理論的な内容で、社会学的な素養がないと読み通すのは難しいです。キーワードは「ついていけなさ」なんだけど、理論的な背景を理解できないと、この用語自体についていけなくなりますw

    『Badi』の分析とか「タチ/ネコ」の意味論とか、興味深い内容があってそれはそれでおもしろいと思いました。ただ、それ自体が本書の目的というわけじゃないから、そこまで深くないんですよね。議論の補強的な素材として回収されてしまうみたいな感じかなー。意図的に当事者概念を採用してないことも関係あると思います。

    つまり、これはいわゆるゲイコミュニティをフィールド・ワークしてそこからどうたら~な内容の本ではないのです。それを期待してしまうとちょっと肩透かしかもしれない。もちろん、ある種の調査もインタビューも言説分析もなされているのではあるけど。

全1件中 1 - 1件を表示

森山至貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

「ゲイコミュニティ」の社会学の作品紹介

ゲイ男性・バイセクシュアル男性のつながりは、なぜ時に息苦しくもあるのか。差別論に還元されないマイノリティ論の次の一手を示す。

ツイートする