ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法

  • 10人登録
  • 4.33評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 由比邦子
  • 勁草書房 (1996年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326851454

ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20世紀のポピュラー音楽の伝播の歴史をリズムの観点から書いた部分はジャズ、ラテン、ロックと主なものを丁寧に追っていて読みやすい。こういった類いの本はどうしてもブラック・パワーの賛美に繋がるものが多いのだけれど、本書はフラットな立場で書かれているため、なんでもかんでも黒人のノリはすごい、みたいな論に落ち着かないことに好感が持てる。譜例やパーカッションの種類についての説明はやや羅列的だが、実際の音源やライブで見かけた楽器と照らし合わせて再読すれば面白そう。ただ、なにより面白かったのは、こんなフラットで丁寧な本の締めが「最近ではタテノリより新しいノリがあるのをご存知だろうか。床に座り込んで手をついたり、体育の馬跳びの馬の姿勢を取ったりして、ロング・ヘアの頭をテンポの早いロックに合わせて激しく上下左右に打ち振るもので、私はひそかに“鏡獅子ノリ”と名付けている」という記述だろう。ネーミングセンスが素晴らしすぎて吹き出した。

全1件中 1 - 1件を表示

ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法を本棚に登録しているひと

ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ポピュラー・リズムのすべて―ポップス、ロック、ラテンの分析と奏法を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする