鳴り響く性―日本のポピュラー音楽とジェンダー

  • 25人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 北川 純子 
  • 勁草書房 (1999年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326851638

鳴り響く性―日本のポピュラー音楽とジェンダーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【目次】
     まえがき
     1章 「日本のポピュラー音楽とジェンダー」への展望
    I部 うみだされる場
     2章 高校生とポピュラー音楽
     3章 「逸脱」を演じる
     4章 音楽産業における女性
    II部 つくられる意味
     5章 友ようれひの手をとらん
     6章 少女の性愛ファンタジー
     7章 SPEEDにみるアイドル現象の変容
    III部 鳴り響くもの
     8章 戦え! 少年
     9章 歌謡曲の中の男と女
     10章 転身歌唱の近代
        3 ジェンダー交差歌唱を成り立たせる言語
        4 ジェンダー交差歌唱の歴史
     あとがき

  • ロックと少女漫画とのかかわりについての論文が掲載されているという点で絶対に外せない。

全2件中 1 - 2件を表示

鳴り響く性―日本のポピュラー音楽とジェンダーはこんな本です

鳴り響く性―日本のポピュラー音楽とジェンダーの作品紹介

「音楽する」中で"性"はどのように語られ、意味づけられ、女性性・男性性に作用するのか。寮歌、歌謡曲の恋、漫画主題歌、アイドル、転身歌唱、ロックバンド、ファンetc.現場から考える。

ツイートする