間違いだらけの少年H―銃後生活史の研究と手引き

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 辺境社 (1999年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (845ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784326950287

間違いだらけの少年H―銃後生活史の研究と手引きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妹尾河童著『少年H』について、時代背景等が間違っていると主張し、
    検証した一冊。

    『少年H』の出版後、妹尾氏は、『少年H』は友人たちと確認をとりながら、
    自分の記憶をたぐりよせて執筆したので、内容に間違いはないと言っていた。

    しかし妹尾氏と同年代の著者は、『少年H』を読んで共感する部分もあったが、
    違和感を覚える部分があった。
    それは、あの戦争時代には知り得なかったことを、少年Hが知っていたことだ。

    また、『少年H』には、年代がはっきりと記載されていないため、読者は
    「そんなものか」と、読み過ごしてしまいがちだが、実は当時の時系列に
    沿っていないエピソードもある。

    それを一つ一つ資料を提示しながら、検証されています。
    この資料を読めば、戦時史を詳しく学ぶことができます。

  • 元の『少年H』は読んでいない。映画から話題を検索してこの本に辿り着いた。小説の間違いを指摘する内容だけれど、証明するための資料が評価されているのに惹かれた。今でいうなら「○年はまだ外税方式だから、この時点でこのレシートの描写はあり得ない」という事実を関連の法令も見せながら指摘する感じ。書く仕事をする身として事実でないことを喧伝する(またはそう思われる)のはとても危ういと思うので、この手の検証の仕方も参考になる。読み切るより当時の世情を知るためにつまむ読みしたい本。

  • 「少年H」が映画化されるんだ。。。
    映画『少年H』公式サイト
    http://www.shonen-h.com/

    間違いだらけの少年 H - 児童文学書評 野上暁
    http://www.hico.jp/sakuhinn/7ma/matigai.htm

  • 7/21/11図書館

全4件中 1 - 4件を表示

山中恒の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
トマ・ピケティ
ポール・ポースト
三浦 しをん
米澤 穂信
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

間違いだらけの少年H―銃後生活史の研究と手引きはこんな本です

ツイートする