[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 久野 陽一 
  • 研究社 (2012年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327180553

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アメイジング・グレイスに出てきた人の自伝。

  • 11歳のときに妹とともに村から誘拐され、奴隷として転売され、裏切りに遭いながらも自由を獲得したアフリカ人の自伝。

    奴隷というと、プランテーションなどで非道な白人に酷使される労働者を連想してしまうが、この人は主に船上で使われていた。雇い主たちにも理解ある白人が多く(といってもかなり両面性があるので、そのために酷い目に数多く遭っている)、著者の人柄を信頼し、読み書きなどの教育も受けさせているので、ほかの黒人奴隷に比べると破格の待遇を受けていたようだ。

    途中からキリスト教への改宗と、神への忠誠による心の葛藤(でよいのか?)について細かく述べている(ただし、この部分はかなりすっ飛ばして読んでます・・・)。それにしても、奴隷に対して因縁をつけたり鞭を振るうなど、無慈悲な仕打ちをするのがキリスト教徒であるはずの白人である、という内容の記述にははっとさせられる。

    また、やっとの思いで自由の身を手にしても、その「自由」の保証は法によって守られているわけではなく、むしろ奴隷時代よりも余計に嫌がらせや理不尽な仕打ちに遭うかもしれないという不安で皮肉な状況にもやるせない思いを抱く。

    ちょっと不思議だったのは、自由の身になったら祖国アフリカに帰りたいと思うものではないかと思うが、彼は違う。どこに向かおうとも必ずイギリスに帰りたがる。アフリカのアの字も出ない。自由人になって後も、生活のために船に乗り旅をするが、帰る先は必ずイギリス。そしてそこで結婚もする(英語版 Wikipedia によれば子供も二人いたようだ)。奴隷廃止運動にも積極的に参加していたようだが、この本はその啓蒙にもなっていたようだ。

    奴隷制度と、宗教という重いテーマがあるので、正直読みづらい部分も多いが、こういう人が存在したということを知っただけでも読んだ価値があった。

    ちなみに、kindle では英語版が無料で読める。
    (原題は The Interesting Narrative of the Life of Olaudah Equiano)

  • アフリカ週間ということで朝日新聞で紹介されていた。イギリスが植民地での奴隷売買を禁止するきっかけになった自伝である。もっと日本で広く知られるべきで、岩波文庫で出版されるべきであった。奴隷問題を扱う時に必読書であろう。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)はこんな本です

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)を本棚に登録しているひと

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)を本棚に「積読」で登録しているひと

[第5巻 マイノリティ]アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語 (【英国十八世紀文学叢書】)の作品紹介

アフリカで生まれ11歳で誘拐されて奴隷として海を渡ったオラウダ・イクイアーノ(1745頃〜97)。環大西洋奴隷貿易がピークにあった時代、はたして彼は、どのように生き、どのように自由を獲得したのか。波乱に満ちた元黒人奴隷の生涯を描いた自伝文学の傑作にして、のちの奴隷文学の原型。オルタナティヴな英文学の"興味深い"物語。本邦初訳。

ツイートする