関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • 研究社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327257217

関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 卒論参考文献。

全1件中 1 - 1件を表示

東森勲の作品

関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)はこんな本です

関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)を本棚に「積読」で登録しているひと

関連性理論の新展開―認知とコミュニケーション (英語学モノグラフシリーズ21)の作品紹介

本書は、人と人が行うコミュニケーションの発話の理解に焦点をあてる。発話の内容に関して、何が伝達されるのか、なぜそのような意味になるのか、どの部分が明示的に伝達され、どの部分が含意として非明示的に伝達されるのかといった側面である。この領域は、Griceによって先鞭がつけられたが、近年GriceとGrice派の分析方法の不備を明らかにし、新しい普遍的原則によって上記のような問題に答えようとする関連性理論が、有効かつ有望な分析方法として注目を集めている。関連性理論は、発話がいかに解釈されるかということに関する理論である。本書は、この理論によって明らかになった発話理解の諸側面を整理し、更なる発展の可能性を探ろうとするものである。

ツイートする