英語で読む哲学

  • 45人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 入不二 基義 
  • 研究社 (2013年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784327452544

英語で読む哲学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  ◆ 研究社
    http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-45254-4.html
    紹介文:“マイケル・サンデルをはじめとする現代の代表的な哲学者の論文から英語をそのまま引用して、英語と哲学を同時に学ぶことができるユニークな「英語リーディング演習+哲学解説書」です。各分野を専門とする若手研究者が、それぞれの思想のエッセンスのつまった文章を抜粋して、教育的な配慮のもと英語と哲学の解説をおこないます。最高レベルの英語に触れることで、難しい英文を読むのがもう怖くなくなります。”

     ◆ 『英語で読む哲学』第4講正誤表
    http://seesaawiki.jp/kbyak/d/%A1%D8%B1%D1%B8%EC%A4%C7%C6%C9%A4%E0%C5%AF%B3%D8%A1%D9%C2%E84%B9%D6%C0%B5%B8%ED%C9%BD


    【目次】
    はじめに (入不二基義)
    第1講 理屈の闘い ――サンデルの『正義』を読む (北野安寿子)
    第2講 ギルバート・ライル『心の概念』 (小池翔一)
    第3講 アラスデア・マッキンタイア「美徳とは何か」 (小山 悠)
    第4講 脱道徳家vs人間らしさ ――バーナード・ウィリアムズ「脱道徳家」 (壁谷彰慶)
    第5講 エリザベス・アンスコム「一人称」 (今村健一郎)

  • 1.入不二基義編『英語で読む哲学』研究社、読了。「英語で書かれた優れた哲学論文を、英語・哲学両方の解説を加えながら精読する」。サンデル『正義論』、ライル『心の概念』、マッキンタイア『美徳とは何か』、B・ウィリアムズ『脱道徳家』、E・アンスコム『一人称』を収録。自習に便利な一冊。

    2.入不二基義編『英語で読む哲学』研究社、概要を紹介したうえで、実際の英文パラグラフを載せ、解説(英文と内容)と訳、そして最後にまとめと読書案内、解説英文の全文という『英文解釈教室』的な構成。選書には工夫の欲しいところだが、類書が少ない中では便利な一冊。 http://webshop.kenkyusha.co.jp/book/978-4-327-45254-4.html

全2件中 1 - 2件を表示

英語で読む哲学はこんな本です

英語で読む哲学の作品紹介

英語と格闘しながら哲学を学ぶ。代表的哲学者の英語をそのまま収録し、その思想のエッセンスを英語を通して知ることができる。

ツイートする