北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)

  • 18人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 藤澤和弘
  • 交通新聞社 (2015年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784330588155

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 601.14||Fu

  • 2015年3月北陸新幹線開業-多くのメディアに取り上げられ,観光客は飛躍的に増加,「2015年ヒット商品」では1位になりました。しかし,勝負はこれから!ブームで終わらないよう,北陸新幹線を活かした「地域創生」を目指します。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピーター・ゼイハ...
又吉 直樹
ウォルター・アイ...
石原 慎太郎
佐々木 圭一
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)はこんな本です

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)の作品紹介

「2015年3月14日、待望の北陸新幹線長野~金沢間が延伸開業しました。利用状況は、最初の繁忙期となったゴールデンウィーク期間は高崎~軽井沢間の輸送人員が前年比206%と倍増するなど、好調に推移しています。
新たに新幹線沿線地域となった石川・富山両県の各自治体では、新幹線の開業効果を最大限に活かし、産業・観光の活性化、交流人口の拡大を図るべく、さまざまな施策を展開しています。本書は、そのような沿線自治体の取り組みやこれまでの成果など、最新の事例を紹介するとともに、新幹線の開業効果を最大限に活かすためには何が必要なのかを、東北、九州など既存の新幹線の事例も交えて分かりやすく解説します。

北陸新幹線レボリューション: 変わる街と人 (交通新聞社新書)のKindle版

ツイートする