鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 原口隆行
  • 交通新聞社 (2016年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784330698168

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ミステリー小説であれば数も多けれど、こと「鉄道」に特化したものとなると、あまり多くない印象があります。本書は「鉄道ミステリー」と謳っていますが、ミステリー小説が書かれた経緯が時代を追って羅列されてあり、最近の小説家しか知らない人には、また違う意味で楽しめるかと思います。日本以外に外国の小説家の事も挙げてあり、これはこれで為になりました。逆に、もっと鉄道ミステリーの系譜が深く分かるかと思いましたが、その点は少し物足りない印象が。

全1件中 1 - 1件を表示

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)のその他の作品

原口隆行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)を本棚に登録しているひと

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鉄道ミステリーの系譜 (交通新聞社新書)の作品紹介

本書は、19世紀のイギリスから昭和の日本まで、時代を追いながら、近現代推理小説の名手たちとその作品群を、「鉄道」をキーワードに読み解こうと試みる一冊。
その過程においては、国や時代を超えて与えた作家間の影響を垣間見ることができる。
ミステリーファンや鉄道好きの方々はもちろん、「鉄道推理小説」のブックガイドとしても楽しめる内容。

ツイートする