ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)

  • 9人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 谷川一巳
  • 交通新聞社 (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784330741161

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現在にいたる旅客の開発競争がよく理解できました。
    なぜその機種が必要なのか?売れるのか?航空会社の経営方針や経済状況など様々な関係があるのですね。今後はボーイング、エアバス以外にも、ボンバルディア、エンブラエルなど小型機マーケットも気になるところです。

全1件中 1 - 1件を表示

谷川一巳の作品

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)を本棚に登録しているひと

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)の作品紹介

ライト兄弟が有人動力飛行機の初飛行に成功したのは1903年12月17日。それから110年間ちょっとで旅客機は驚くほどの進化を見せており、日本国内でもYS-11以来の国産2号機MRJがデビュー間近となっている。
1章は黎明期、2章はアメリカ優位、3章は(アメリカ優位ながら)ヨーロッパが巻き返し準備、4章でヨーロッパ優位、5章で再びアメリカが巻き返し、6章は両社が切磋琢磨する、を紹介する。旅客機の進化の過程やメーカーの合従連衡から収斂へなど、「旅客機にちょっと興味がある」程度の一般読者にもわかりやすいよう、飛行機ファンである著者が時系列で話を展開していく。

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)はこんな本です

ボーイングVSエアバス 旅客機開発競争: 100年で旅客機はなぜこんなに進化したのか (交通新聞社新書)のKindle版

ツイートする