パブロフの人

  • 28人登録
  • 2.70評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
著者 : ダンカン
  • 廣済堂出版 (2012年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331059562

パブロフの人の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 50代、独身、パート暮らし、障害を持つ82歳の母と暮らす私にとっては、なんとも人ごととは思えない辛い物語でした。両親を殺めてしまった主人公と彼を裁く裁判員達の人生を興味深く書かれています。一気に読みました。ただ、私的にはもう少し主人公についての記述が、多くても良いのではと思いました。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4331059561
    ── ダンカン《パブロフの人 20120626 廣済堂出版》
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%C0%A5%F3%A5%AB%A5%F3
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19590103
     生没点描 ~ 飯塚家の人々 ~
     
    (20140626)
     

  • 30歳から51歳になるまで認知症の両親の世話をしてきた勇太。
    両親の介護のため仕事もままならず、婚約者は去り、親戚にも疎まれ、生活保護も却下され・・孤軍奮闘。
    末に両親を殺害してしまう。。
    この事件と事件の裁判の話。

    こういう現実は誰にでも起こりうるかもしれないワケで怖い(>_<)。
    認知症の方の描写もリアル。

    自分だったらどうするんだろう。。
    とりあえず、任意加入の介護保険は見直した方がいいな、うん。

  • タイトルにもなっている、パブロフの人。ちょっと前までは、世の中に多く居てた気がします。反射的に謝ったりする人たちです。しかし、最近、個性と言うなのもとに、好き勝手やっている人達が多く見られます。それがよいことなのかどうかは分かりませんが、日本人の持つ「わびさび」「おくゆかしさ」みたいなのが、かけている気がします。
    本自体は考えさせられるものがありましたが、最初の描写と比べると最後はドタバタで終わった感があり、また、判決が軽い様に感じました。そこは、残念でした。
    了承殺人?なのか、まぁ、そこはひとそれぞれの考え方の違いですかね。

  • 認知症となった肉親を施設入所させるという手段は、世間体を気にすると薄情だと感じてしまうかもしれない。しかし、そんなことは言ってられない時代になってしまった。・・・という読後感。
    勇太のシビアな日常と、事後の裁判員らの場面展開で状況を冷静に考えることができて、非常に読み易かったです。認知症高齢者に関わる事件は今後増えるかもしれません。その度に情状酌量といって事を終わらせてしまっては、認知症高齢者は加害者と言っているようなものです。読後、本来の被害者は誰なのか、多くの時間をかけて悩むべき題材だと思いました。
    酷な内容ですが、法律や介護サービスの内容など会話に交えて分かりやすく説明されていたので小~中学生の方にもおススメしたいです。

  • 両親を殺害した勇太の裁判員裁判。
    事件の表側だけを見れば勇太にも独りよがりな部分があったと考える裁判員。
    勇太が誰からも突き放された現実は誰に理解されるのか…と思う。
    決して他人事ではない。
    自らの命も絶つつもりでいた勇太が意識を取り戻した時、何を思ったのかな?
    救われない想いをずっと抱えて生きて行くのは容易な事ではないはず。

  • 芸人ダンカンが書いた小説。
    20年以上も認知症の両親をたった一人で介護している
    40代の勇太。
    定職にもつけず、悲惨な毎日を過ごすうちに、ついに両親を殺してしまう。
    限界を超えるまでのあまりにも救いようのない生活がリアルに描かれていて辛い。
    それを裁く裁判員たちの抱える事情などは、詰め込みすぎの感があるが、興味深く読めた。

全7件中 1 - 7件を表示

ダンカンの作品

パブロフの人の作品紹介

40代の勇太は、もう何年も両親の介護をする人生を送ってきた。認知症になった両親のせいで、職にも就けず、ハローワークに趣味のように通い続ける毎日。そして、勇太は両親とともに旅に出て、両親を手にかける……。勇太と勇太を裁くはめになった裁判員の人生が交錯する、ダンカン初の「介護小説」。

ツイートする