イラスト・図説でよくわかる 江戸の用語辞典~時代小説のお供に~

  • 226人登録
  • 4.23評価
    • (29)
    • (15)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
制作 : 江戸人文研究会  善養寺 ススム 
  • 廣済堂出版 (2010年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (446ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331514368

イラスト・図説でよくわかる 江戸の用語辞典~時代小説のお供に~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • pedia

  • 「~でございます」「~と申します」の
    説明文が特徴的。読むだけで面白い
    イラストでとても分かりやすい
    ありそうでなかった(かもしれない)
    江戸文化の総合辞典!!
    この1冊であなたも江戸通に!!

    OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02199009&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 貸本屋・善右衛門というキャラクターで、江戸風の語り口調で説明し江戸の町を御案内。衣食住・仕事・お金・行事・法律など、江戸時代の生活について、50音順で探せました。大好きな江戸気分にどっぷりと嵌れます、イラストも総数555点を掲載され便利な一冊。 お堅い用語辞典と思わずに気楽に読めますよ。時代劇のお供に最適です。お気に入りさんの、まつこさんの読みたい本から登録時見つけ手配し先に読めてしまいました。地元の図書館になく相互貸借で借りたので、次回すぐに読めないので購入検討してます。

  • あっても良かったシリーズ。硬過ぎず、柔らか過ぎず。

  • 時代小説読みには嬉しい、江戸の用語辞典。イラストもあり、わかりやすい本でした。ただ脱字が結構あったのが残念!

  • 江戸の貸本屋、善右衛門さんが江戸の様々なことを解説してくれます。
    帯の結び方、髪形、袴等イラストも豊富。
    時代小説を読んでいて「ん?これは何だろう?」と思った時に役立つ一冊。
    辞典となっていますが、読みものとしてもとても楽しめました。
    知ってるつもりのような言葉も、改めて解説を読んで「ほぉ~」と感心したり。

  • 時代小説を読む時、傍らに置いておきたい1冊。

  • 著者のラジオを聞いて購入。

    辞書なのに、頭から終わりまで、おもわず読んでしまいました。
    これを読むと、まったく新しい、おだやかな江戸が見えて来る気がします。帯に書かれた書店員さんの「これさえあれば、江戸で暮らせる」という意味がよくわかりました。

    善右え門さんというキャラクターもいいです。一休さんの善右え門さんを思い出させます。
    巻頭で紹介されている、正徳の礼もあんなに素敵な法律だったとは思いませんでした。全部が善右え門さんによる人情のある説明です。

  • 時代小説を読み始めて日が浅いので、とても重宝しています!なかなか想像しづらいものも、図が多いので助かります。

  • 資料的に重宝。杉浦日向子の著作と共に読みたい。

全21件中 1 - 10件を表示

イラスト・図説でよくわかる 江戸の用語辞典~時代小説のお供に~はこんな本です

イラスト・図説でよくわかる 江戸の用語辞典~時代小説のお供に~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする