命を守る東京都立川市の自治会 (廣済堂新書)

  • 25人登録
  • 4.43評価
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 佐藤良子
  • 廣済堂出版 (2012年3月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331515914

命を守る東京都立川市の自治会 (廣済堂新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立川・大山団地の自治会活動をつづった一冊。同じ立川市に、こんなに自治の進んだ地域もあるんだととても頼もしく思いました。自治会の財政を支えるためのコミュニティビジネスへの取り組みなど、住民にとって直接的な興味をそそるものでなくても必要とあらば取り組む姿勢に「そこまでやれるんだ」とか。また、交流会での座席など住民に参加してもらうための数々の工夫から試行錯誤が伝わってきて、同じようにやってもうまくいかないかもしれないけれど同じスピリッツで取り組むことは必要なんだろうなと思いました。どこかで参加してみたいです。

  • 理想の自治会の運営方法とやっていること。いい意味でも悪い意味でも理想。
    ただ、出来ないと決めつけるのではなくこうでありたいという心持ちで誰もが行動できれば必ず素晴らしい世界は訪れる。そのためにやりたいではなくやってみる気概を持ちたい。
    そして誰しもが気軽に地域に参加してふるさとを共有する世界になれれば。

  • 立川市のマンモス団地、大山団地の自治会会長さんが自治会の活性化を会員の変革を推し進めていった内容。
    ①コミュニティビジネスで財政強化
    公園の清掃管理を都より請け負う、駐車場管理、イベントの収益
     有償ボランティアetc
    ②向こう三軒両隣
     孤独死ゼロを達成
    ③たまり場の作成

  • 参考になった。

  • 世帯数1300、住民数3200人、29棟の大規模都営団地の自治会長さんが書かれた本です。自治会のよさが実例を交えて説得力をもって伝わってきます。活発な自治会活動へのヒントもちりばめられています。
     
    人と人とのつながりがあるコミュニティで生活できることは、「日々生きていることそのもの = 人生」を豊かにすることにつながると思うのは私だけでしょうか。
     
    この一度きりの人生、自分の世界にこもっていたらつまらない。いろいろな人と出会って、知らない世界をたくさん知って、つながりがあふれる中で生きていきたいです。

全5件中 1 - 5件を表示

佐藤良子の作品

命を守る東京都立川市の自治会 (廣済堂新書)はこんな本です

ツイートする