オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)

  • 28人登録
  • 3.29評価
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 藪下 史郎  造事務所 
  • 廣済堂出版 (2015年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331519363

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 21世紀の資本を読もうと思って予備知識のために借りました。資本利益率と経済成長率の比較で格差が拡大するのは何となく分かりました。でも「21世紀の資本」を読んで理解するのはちょっとむりかなぁ~!と思いました。

  • 政治経済学へ向けて

  • 2015年11月12日読了。ピケティ解説本読んでみた第2弾。「オール図解」とあるが図解の部分はあまり役に立たない印象。『21世紀の資本』のエッセンスを抽出して書いてくれてはいるが、「r>g」の法則や、そもそもrとは何でgとは何か・・・?というのを頭に沁みこませながら読まないと、「まあ、なあんとなく『格差は広がるものだ』、ってことはわかったよ」程度の感想にとどまってしまう印象・・・。『21世紀の資本』自体が、「単純な思想を膨大なデータで裏付けた」点が新しいのであり、主張を理解できればそれでいいのかもしれない。「富裕層に最大80%の累進課税をかけよ」と言われれば「ふーん、格差是正のためにはそれもいいんじゃない」と思うが、「相続税を増税」と言われると心がざわついてしまう、理想を現実にそのまま適用できるほど人間の心は強くも単純でもないものよ・・・。

  • ピケティの解説本。ピケティの論をわかりやく説明しているが、オール図解というには、図解がいまいちか?

    メモ

    民主党がピケティーと近づいていた。
    ピケティの富裕税論は世界中でやらねば意味なし。ピケティ自身も言ってるが。。



    ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ目次
    ●あなたも格差社会に飲みこまれるかも!?
    ●〈まえがき〉『21世紀の資本』が教える、噛本当の豊かさ」とは?
    PART1 ピケティと『21世紀の資本』
    ・大ボリュームの『21世紀の資本」にはどんなことが書かれているの?
    ・経済学者トマ・ピケティとは、いったいどんな人物なのか?:
    ・刊行された『21世紀の資本」は、各国でどのような反響を呼んだ?
    ・『21世紀の資本』は、どうして売れているのか?
    ・どのような方法で、過去のデータを調べたのか?
    ・ピケティの立場は、資本主義を否定している?
    ・『21世紀の資本』には、どんな批判があるか?
    ・『21世紀の資本』は日本では、どう受け止められているの?
    ・腕試しクイズ①
    PART2 "資本(富)"とは何か
    ・近代の大家が打ち立てた経済理論を一刀両断する
    ・格差は資本の価値が高まることで拡大する
    ・経済の基本的な用語を定義する
    ・途上国が追い上げ、世界の格差は縮小している
    ・人口と経済成長、格差は密接な関係にある
    ・インフレでの経済成長は21世紀ではむずかしい
    ・18、19世紀の格差は20世紀のインフレで縮んだ
    ・近現代に成立した国も資本は変化している
    ・資本主義の第2基本法則から21世紀の富と格差を予想する
    ・純粋な資本収益率は長期的に安定している
    ・資本増11所得増の社会構造になっている
    ・腕試しクイズ②
    PART3 格差はどうして生まれ.広がるのか
    ・世襲型中流階級の登場で格差は縮小した
    ・少数の上位所得者は、増え続けている
    ・賃金における格差は、教育格差によって生まれる
    ・超富裕層の所得は、世界各国で増大傾向にある
    ・富の格差は過去200年間で増減をくり返している
    ・資本収益率は経済成長率よりつねに高い
    ・”富"の偏りのあった時代にもどりつつある
    ・高収人より実入りがよい一相続の時代」へ
    ・勝ち組にはスーパー経営者と不労所得生活者が存在する
    ・資本収益率の格差により格差が拡大している
    ・インフレーションは富の格差を縮小しない
    ・腕試しクイズ③
    PART4 格差を解決するための方法
    ・見えない、見出せない富の分布
    ・国家は集めた税をどのように使つのか
    ・所得再分配のために重要なのは、「教育」と「年金」
    ・累進課税の問題と、「累進所得税」という解決策
    ・「グローバルな資本税の導入」というアイデア
    ・インフレによる富の再分配の可能性
    ・中央銀行は富を生み出さないが、再分配することはできる
    ・今後の気候変動は、資本に大きな影響をもたらす
    *腕試しクイズ④
    PART5 ピケティから見た日本の今とこれから
    ・日本の経済政策ーアベノミクスによる格差
    ・日本の雇用-正規社員と非正規社員の格差
    ・日本の教育-世帯年収で生じる教育格差
    ・日本の税制-増税と減税による格差
    ・日本の地域経済-大都市圏と地方の格差
    ・腕試しクイズ⑤
    ・知っておこう!経済データのあれこれ
    ・〈あとがき〉格差社会のリスクを警告する、「政治経済学」の登場
    ・主要参考文献

全4件中 1 - 4件を表示

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)のその他の作品

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)はこんな本です

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)を本棚に登録しているひと

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オール図解!ピケティが教えてくれた格差と貧困のカラクリ (『21世紀の資本』これだけ知っていればいい)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする