有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 澤田ふじ子
  • 廣済堂出版 (2001年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331608562

有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 豊臣秀吉の甥で関白となった豊臣秀次について書いた本です。

    豊臣秀次は本により評価が分かれる武将であるのですが、この本では若い頃から比較的出来のよい方の人物として描かれています。

    一般的に、殺生関白などと言われていますが、この本では、その元となった太閤記の作者が秀次に罷免されたことを恨みに思って、めちゃくちゃ書いた、としています。
    実際に、歴史的事実とあわない部分もあったようですね。

    ↓ ブログも書いています。
    http://fuji2000.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-c3e2.html

  • 戦国武士の話よりも江戸時代の庶民の話のほうが面白いなぁ。

  • 秀次の本は殆ど見ないので貴重だと思います。秀次は「秀吉に翻弄された人物」としか知らなかったのですが、茶道や文学についてはとても優秀な人だったということを知れました。

  • 期待していた以上の良い裏切りはありませんでした。惜しい!

全4件中 1 - 4件を表示

有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)のその他の作品

有明の月―豊臣秀次の生涯の詳細を見る 単行本 有明の月―豊臣秀次の生涯 澤田ふじ子

澤田ふじ子の作品

有明の月―豊臣秀次の生涯 (広済堂文庫)はこんな本です

ツイートする