日の名残り 隅田川御用帳14 (廣済堂文庫)

  • 55人登録
  • 3.69評価
    • (3)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 藤原緋沙子
  • 廣済堂出版 (2009年12月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784331613825

日の名残り 隅田川御用帳14 (廣済堂文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2017.4.24.

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    縁切寺『慶光寺』の御用を務める寺宿『橘屋』に、薬酒問屋『大黒屋』の内儀であるおきくが駆け込んできた。武家の出であるおきくは、実父が負った借金のため五年前に大黒屋卯兵衛に嫁いだのだという。はっきりとした理由を言わぬまま、離縁を…と繰り返すおきくの身辺を調べ始めた橘屋のお登勢と塙十四郎の前に、浮かび上がってきたのは、大店の主とは思えぬ卯兵衛の意外な裏の顔だった…。書下ろし好評シリーズ待望の第十四弾。

    平成29年4月8日~10日

  • 今まで散々駆け込みとは言いがたい件を処理してきたのに、『橘屋はなんでも屋ではない』(作中P91)とは、思わず笑ってしまいました。もちろんその厄介な頼みごとも結局引き受けるのですが。
    そして、金五の妻であり道場主の千草が第二子を授かったことにより、道場を白河藩に譲り、その道場で白河藩剣術指南としてどうかと十四郎に話が持ちかけられます。
    これも周りがお登勢とのためとお膳立て。
    十四作目にしてやっとです。

  • 【収録作品】第一話 日の名残り/第二話 再会/第三話 爪紅(ツマベニ)

  • 第十四弾
    例のごとく、男と女の話に悪い奴が絡んでいる三話の短編形式
    今回は十四郎とお登勢の仲に進展が

  • 十四郎主役だけに第14弾でシリーズ最後か?
    再会
    7年前橘屋の世話になり離縁したおみつ。おみつは妾となっていたが
    別れた前夫朝次郎と子供おいとに金を渡してほしいという。
    朝次郎はおいとのために働き、父と娘懸命にいきていた。
    爪紅
    与茂七は妻おそのに殺されかけたと橘に駆け込む。
    姑お才は持参金をもって婿にきた与茂七を殺そうとし失敗し
    女中おきわに銘じて不義の疑いを与茂七にかけようとしていた。
    一見落着後、楽翁に呼び出される十四郎。

    婿に入ることが出来ない十四郎には一番いい近道か。

  • 長崎などを舞台とした作品です。

  • 縁切り『慶光寺』の御用を務める寺宿『橘屋』に、薬種問屋『大黒屋』の内儀であるおきくが賭け込んできた。
    武家の出であるおきくは、実父が負った借金のため五年前に大黒屋卯兵衛に嫁いだのだという。
    はっきりとした理由を言わぬまま、離縁を・・・と繰り返すおきくの身辺を調べ始めた橘屋のお登勢と塙十四郎の前に、浮かび上がってきたのは、大店の主とは思えぬ卯兵衛の意外な裏の顔だった・・・。
    書下ろし好評シリーズ待望の第十四弾!

    とうとう終わってしまいました・・・。
    14まで続いたシリーズですが、あっと言う間に終わってしまった感じです。
    最後の最後に十四郎のプロポーズ(?)が聞けて私までときめいてしまいましたが、同時に早く続きが読みた~いとイライラまでしてしまいました(苦笑)

    2010.11.29読了

  • 1/25-1/26
    14巻目にもなると、
    風景描写や説明部分などは端折って読んじゃうが、
    しっかりゆっくり読んでしまった。
    お登勢と十四郎が一緒になりそう、、、。
    いい展開だ。

全9件中 1 - 9件を表示

藤原緋沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
藤原 緋沙子
有効な右矢印 無効な右矢印

日の名残り 隅田川御用帳14 (廣済堂文庫)はこんな本です

日の名残り 隅田川御用帳14 (廣済堂文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日の名残り 隅田川御用帳14 (廣済堂文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする