ねえたんが すきなのに

  • 39人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : かさいまり
制作 : 鈴木 まもる 
  • 佼成出版社 (2012年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333025671

ねえたんが すきなのにの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お姉ちゃんって妹にとって
    憧れの存在なんだなぁと改めて実感

    てんとう虫さんにもしっとしちゃってるところがカワイイなぁ

  • 妹の気持ちが伝わってきたね

  • ねえたんが大好きでどこに行くのもいつもいっしょ。ねえたんについて来ちゃダメって言われたら悲しいな。

  • どうも最近は大人向けの絵本が多いのだろうか。
    内容、文字ともに子どもでも読める内容なのだが、
    子どもよりも、大人の心に訴えかける内容や懐古的な内容の絵本をちらほら見かける。
    作者たちは、どちらを対象として絵本を創り上げたのか聞いてみたい。

    その意味で、この絵本も、子どもよりも、大人のほうが訴えかえられる部分が大きいと思う。

  • 下の子の気持ちを絵本を通して理解でき、兄弟をお持ちの方におすすめです。

  • お姉ちゃんの後をついて回る妹。

    小さい頃って、こうなんだよね。
    わかるなぁ。

    かわいい小さな姉妹の絵本。

全6件中 1 - 6件を表示

かさいまりの作品

ねえたんが すきなのにはこんな本です

ねえたんが すきなのにを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ねえたんが すきなのにを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ねえたんが すきなのにを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ねえたんが すきなのにの作品紹介

わたし、ねえたんがだいすき。ねえたんといつもいっしょにいたいの。でも、べったりはだめなんだって。ねえたんはときどきわたしのことがきらいになっちゃうのかなあ…。

ツイートする