おしろとおくろ

  • 54人登録
  • 3.65評価
    • (3)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 丸山誠司
  • 佼成出版社 (2013年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784333025954

おしろとおくろの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネーミングセンスがつぼに入ってしまいました。

    おしろじいさんとおくろじいさん。
    2人とも立派なおひげが自慢です。
    どちらのおひげがかっこいいか、白黒つけようじゃないか!!

    絵をじっくり見ていると、どんどん楽しくなってきます。
    取り巻きのお城や動物たちも白と黒。
    おしろじいさんとおくろじいさんの食べているおもちがとってもやわらかそう。
    いつのまにかお城がロケットみたいに火を噴いて宇宙を飛んじゃってるし。

    こういう絵本、きっと子供たちは好きだろうな!

  • おしろと対決、おくろ!?
    (どっちもお城ですが)

    白い城、黒い城、それぞれ白いものたちや黒いものたちに囲まれて、
    いざ、チェス・・・ならぬ いざ、オセロ!?
    しかし、勝負するうちに白も黒もいりまじって〜〜〜

    読み聞かせて盛り上がれそうな 楽しい絵本。

  • お城好きでない人にはお勧めしません。

  • 仲良くしましょう、というお話…よりも、巻頭巻末に簡単な「お城マップ」があるのでお城が好きな子にはぴったり。

  • 2014年7月26日

    装丁/芝山雅彦(スパイス)

  • 3分 中学年向き 楽しい 笑い声を練習

  • 【蔵書案内・絵本】坂東市の図書館:城と白をかけたところからオシロのおはなしはどんどん続いていって、最後のオチも白黒で。よくわからないところもひっくるめて楽しんじゃいましょう!っていう感じの絵本です。

  • 20130503朝日新聞

  • いやいやwwwと思いながら読んだけどお城がそれぞれちゃんとシロという犬とクロという猫を飼っているのに好感を持った。他愛ないけど憎めない一冊。

全9件中 1 - 9件を表示

丸山誠司の作品

おしろとおくろはこんな本です

おしろとおくろを本棚に「読みたい」で登録しているひと

おしろとおくろを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おしろとおくろを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おしろとおくろの作品紹介

おしろじいさまのまっしろなひげ、おくろじいさまのまっくろなひげ。どっちのひげがかっこいいかって?しろかくろかいざ、しょうぶ!-。

ツイートする