東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)

  • 11人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 光文社 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031060

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イタリアに留学経験のない
    珍しい経歴を持つ人のお話。

    まるで一つの物語のようです。
    なんかね、昔ばなしのような感じ。
    だから、ついつい読んでしまって
    あっという間に読んでしまいましたね。

    でてくる食材や、料理が
    なんともおいしそうでたまったものではありませんでした。
    本から飛び出てこないかしらと
    読書中、何度思ったことやら。

    結構やんちゃ話も出て来ます。
    すごいことをやっていたんですね…

  • 【資料ID】27847
    【分類】596.23/H32

  • トーキョー・イタリアン。

全3件中 1 - 3件を表示

原田慎次の作品

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)はこんな本です

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)を本棚に登録しているひと

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

東京広尾アロマフレスカの厨房から (光文社新書)の作品紹介

いま、もっとも予約のとりにくいリストランテ-東京・広尾の「アロマフレスカ」。そのシェフ・原田慎次が、自宅でできるおいしいパスタから、イタリア料理への思い、店をオープンするまでの道のりを、一気に語り下ろした。なぜ、オープンしてわずか三年のお店が、訪れる人の心を捕らえてはなさないのか、その答えがここにある。

ツイートする