ビジネス英語を速く読む (光文社新書)

  • 33人登録
  • 2.54評価
    • (0)
    • (0)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 古藤晃
  • 光文社 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031084

ビジネス英語を速く読む (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2001年刊行。

     雑誌、新聞、ビジネス書の読み方を解読。単語力の重視、パラグラフ読みの基礎部分が、実に陳腐だが、実に真っ当。

  • これを読んだからって速く英語が読めて
    意味を訳することはできません。
    もうすでに著者が言っていますが、
    英文をたくさん読んで、たくさん辞書を引く。
    本当これに尽きるのです。
    英語に興味を抱かなければ本当に覚えませんよ。
    (私が身を持って感じたこと)

    その中で面白かったのは、
    ビジネス英語をたくさん知ることができたことかな。
    英語になると、こんな表現になるんだ!!
    と言うのが面白くもありました。
    こういうのは、学校では決して習いませんので。

    それと、最後に例文として出てくる文は
    日本語に訳するとああ、と思うことでしょう。
    それと日本とアメリカの違いも
    感じられてくるはずです。

  • 【資料ID】28001
    【分類】837.5/Ko94

  • 南図書館で読む。興味深い新書です。著者は、河合塾の先生です。速読自体は、意味がない。背景を理解できていれば、自然に速読になると指摘している。その通りだと思います。Nationという雑誌を紹介しています。今度読んでみよう。

  • はやり、王道はなし。

     とにかく量を読むしかない。日本語が出来るのも、大量の日本語に

     接してきたからであって、やはり、言葉のシャワーを浴びない限りは

     そして、大量に読まなくては、早く読めるようにはならない。

     地道に続けるしかない。。。

  • ビジネス英語を速く読むという本を読みました。作者は大手予備校で長年大学入試の英語講師をやっている方。

    我々日本人はどうしても英語というと受験のための英語であって、実用的な意味での英語ではないのではないでしょうか?

    この本では英語講師からみたその後の英語…いった感じ。

    英語講師という職業はそういう観点があるのかなあと思いました。

    受験テクニックだけ教えて受験が終わったら英語なんてどこかに追いやられるなんて教える立場でもさみしいのではないでしょうか?

    せめて受験のあとも英語と使ってビジネスをして、受験のための英語を仕事や生活のための英語へと昇華させてほしいという思いが伝わってきました。

    内容としては英語の勉強法や、辞書や英語雑誌などの選び方などを中心に書かれています。

    基礎的な内容かもしれませんが、受験とは違う英語の勉強法としては参考になりました。

  • 焚書

全7件中 1 - 7件を表示

ビジネス英語を速く読む (光文社新書)のその他の作品

古藤晃の作品

ビジネス英語を速く読む (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビジネス英語を速く読む (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする