シングルモルトを愉しむ (光文社新書)

  • 98人登録
  • 3.44評価
    • (5)
    • (8)
    • (19)
    • (1)
    • (1)
  • 10レビュー
著者 : 土屋守
  • 光文社 (2002年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334031725

シングルモルトを愉しむ (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シングルモルトウィスキーの入門書。

    歴史や製造工程、文化がわかる。

    これまでシングルモルトなんてぜんぜん知らなかった自分にも楽しめました。

    こういうウンチク本にしては珍しく、文章が上手くて読みやすい点も評価できると思います。

  • 購入者;松木(2009.3.13)
    日本のウイスキー評論家の土屋守さんが書いたウイスキーの解説書です。
    ウイスキーの製造方法や歴史・楽しみ方まで簡単かつ詳細に書かれてました。
    世間的にはまだ認知度の低いお酒のカテゴリーですがこの本を読めば、ウイスキー好きになるような気がします。
    麻生総理もウイスキー好きなのです。

  • シングルモルトウイスキーを深く知りたいのなら、本書をお薦めします。シングルモルトウイスキーの生産地は大きくアイラ島、ハイランド(スペイサイドも含む)、ローランド、キャンベルタウン、周辺離島に分類されます。これら生産地の蒸留所巡りから、風土、歴史、文化などを地域に区切って紹介しています。もちろん初心者でもわかりやすいように、ウイスキーの歴史から、世界で生産されているウイスキー、そして味わいの楽しみ方などを紹介しています。同著の『モルトウイスキー大全』と比較すると、本書の方がわかりやすく、より深く楽しめると思います。シングルモルトについて深く知りたいのなら本書を、自分の好みにあったシングルモルトを探すなら『モルトウイスキー大全』を利用するとよいと思います。

  • 【資料ID】20008
    【分類】588.57/Ts32

  • この本は教科書として使うのがよいかと。いつかは本場にいきたい。

  • 2011.08.30 開始
    2011.09.02 読了

    いつかスコッチの蒸留所巡りをしたいなあ。

  • スコッチのルーツを含め、知ることができました。カタログ本的なお酒の本に飽きたら、この手の本を読むのも楽しいですね。

  • 非常にわかりやすいです。買い出しに行く時携えたい一冊。

  • 2008/12/09 読了 ★★★
    2011/10/07 読了

  • ある意味ビョーキの第一歩なんですが・・・(汗
    ナニも知らないでたまたま飲む→ウマイ→色々と背景を知ってまた飲んでみる→もっとウマイ
    ・・・てな楽しみ方、いかがでしょう?
    マッカラン、ボウモア、グレンフィデック・・・
    ちっとでもスコッチ・シングルモルトの名前に
    触れたことのある方、ぜひどーぞ。

全10件中 1 - 10件を表示

土屋守の作品

シングルモルトを愉しむ (光文社新書)はこんな本です

シングルモルトを愉しむ (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする