「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)

  • 105人登録
  • 3.25評価
    • (2)
    • (11)
    • (37)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 仲正昌樹
  • 光文社 (2004年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334032524

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【資料ID】20545
    【分類】151.2/N35

  • 民主主義思想論の授業の理解を深めるため適当にそれっぽい物を探して読んだけど面白かったー。

  • 「みんな」という非常に馴染み深いが、何だかよくわからない概念に対して、鋭く迫って分析している著者の議論の進め方はお見事という他ないだろう。

    没個性的になるのを嫌がって他人と自分を差別化したがり、そのために奮闘すればするほど没個性的になっていくというアイロニカルな逆説を著者は「客観的」に指摘しているようだ。

    しかし、著者に言わせれば、他者を対象化しながら検証している自分自身でさえも、実は「みんな」の呪縛からは逃れられずに「わたし」と「みんな」の間を行き来して、袋小路に陥っているらしい。

    「みんな」という存在に私達は否応なしに関わらざるを得ないようだ。

  • これから読む人には是非「みんな」という単語のいくつ出てきたか数えてほしい。

  •  半分は、著者の属する法学部の「みんな」からはぐれたことへの「私」のひがみ(笑)。でも、ハーバスやハイデッガーなどの現代からルソーやイェーリングなどの古典まで、「みんな」をめぐる思想を「みんな」にわかりやすく説明してくれる読みやすい本です。「みんな」が多用されているのは、慣れるまでちょっとうざいかも(笑)。

  • タイトルに期待しすぎた。

  • [ 内容 ]
    「みんな」を求め、「みんな」に傷つけられた「わたし」は何処へ行く。

    [ 目次 ]
    1章 「みんな」って誰?(「みんなやっていることやないか!」 「赤信号」の法則 ほか)
    2章 「みんな」の西欧思想史(法とは「みんな」の意志である 「みんな」による「みんな」の支配・全体主義 ほか)
    3章 「みんなの責任」をどうするか?(「みんなの責任」の範囲 「自分で語ることのできない他者」への「責任」 ほか)
    4章 「みんな」と「わたし」の物語(「みんな」から押し出された「わたし」 「わたし」が「みんな」から目覚める時 ほか)
    5章 そして、「みんな」いなくなった!(「みんな」はいつまでも「みんな」なのか? 危ない時に出てくる「みんな」 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 前半の3章までは、読み物として面白かった。
    後半の2章では、「みんな」と「わたし」などの定義を書いているが、逆説的でなんとも難解。
    読んでも、なんとなくよくわからなかった。。。という感じ。
    個人評価は可も無く不可もなく。。。

  • 「みんな」でやったことなのに、何故「私」が責任をとらなくてはならないのか、という、西洋的な個人主義の裏返し。「みんな」の範囲の不明確さ。自分が含まれている場合、いない場合、「みんな」以外の”みんな”とは。「みんな」を表象する記号としての誰か。法とは「みんな」の意思という前提。全体主義の本質は「自発的同調」。「みんな」を見失って「みんなはどこに」と自問し始めたら、それはもう「みんな」ではなく再現前化されたイメージとなる。

  • 無責任になる「日本的」構造を、責任をフーコーの責任応答可能性「説」から、論じている。■まあ、笑えるジョークの形をとった、「みんなのバカ」という挨拶語である。日本人の集団でのあり方を、西欧的自我の基準で、斬ったつもりになる典型的な「日本人論」をぶつ「知識人」としての大学の教授とやらが、丸山真男の「蛸壺」型組織の論理から抜け出せていない現状も描かれ、その点では苦笑したが、参考にはなった。■みんなのバカという日本人論で、ただ新しいのは「自律」社会だけでは、行き詰ることも指摘されているのでその点は、丸山達の「世代」の日本人論とは異なるといえる。■時間つぶしには向く「思想」本かな。

全13件中 1 - 10件を表示

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)のその他の作品

仲正昌樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オルテガ・イ ガ...
中島 義道
有効な右矢印 無効な右矢印

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)はこんな本です

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「みんな」のバカ! 無責任になる構造 (光文社新書)の作品紹介

「みんな」を求め、「みんな」に傷つけられた「わたし」は何処へ行く。

ツイートする