ローカル線ひとり旅 (光文社新書)

  • 62人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (14)
    • (4)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 谷川一巳
  • 光文社 (2004年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334032586

ローカル線ひとり旅 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちょっと古い本だが、具体的な鉄道旅行のプランなど、おもしろかった。

  • 【資料ID】19570
    【分類】291.093/Ta87

  • [ 内容 ]
    「ローカル線」の旅はいい。
    日常のしがらみから抜け出し、ガッタンゴットンと鈍行に揺られ、駅弁を頬張りながら、美しい風景に想いを馳せる。
    しかし、旅情あふれる旅をするためには実は“コツ”が必要で、それを知らないと、「こんなはずではなかった!」と後悔させられる。
    田舎だからといって、イメージするような車両が走っているとは限らないし、人気の有名路線やジョイフルトレインなどは、観光客ばかりだ。
    ―汽車旅を味わえる車両を選ぶ、バスやフェリーと組み合わせる、時刻表の行間を読む、ガイドブックに載るはずもない光景を見に行く、新幹線のない日本地図をたどる…本書では、ローカル線の極意を紹介する。

    [ 目次 ]
    おとなの汽車旅エッセンス
    極意1 しっかりプランを立ててから、行き当たりばったり
    極意2 汽車旅を味わえる車両を選ぶ
    極意3 鉄道以外と組み合わせる
    極意4 切符をとことん選び尽くす
    極意5 「青春18きっぷ」を隅々まで活用する
    極意6 時刻表の行間を読む
    極意7 ローカル線はどこにでもある
    極意8 地形に沿って日本をたどる
    極意9 鉄道がたどってきた道に思いを巡らす

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ・旅には少々の「苦」が必要。
     -非日常に行くのだから、全く苦がなかったら物足りない。
    ・計画を立てた上での脱線が面白い。
    ・柔軟に旅を楽しめ。


    一人旅行く前に読みました。
    本としてはあんまり面白くなかったけど、旅のモチベは上がったのでまぁ
    いっかなーって感じです。

全4件中 1 - 4件を表示

谷川一巳の作品

ローカル線ひとり旅 (光文社新書)はこんな本です

ローカル線ひとり旅 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする