さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

  • 7225人登録
  • 3.37評価
    • (382)
    • (983)
    • (2191)
    • (207)
    • (65)
  • 1163レビュー
著者 : 山田真哉
  • 光文社 (2005年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334032913

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中野 独人
山野 車輪
有効な右矢印 無効な右矢印

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

  • 会計学についての難しさをこれほどわかりやすく面白く伝えた一冊は初めてで、サクサク読めた。全てを調べるのではなく、重要な一部分だけを調べる方法であるリスクアプローチがそれこそこの一冊に凝縮されている。わけのわからない専門用語を出すリスクを省き一般大衆が身近で疑問に思う少しの疑問から大きな会計という世界にほうりこまれていくのである。そしていつの間にか数字のセンスを磨くことについて考えさせれる。会計は数学とは違い加減徐徐でいけるんだ。と目を見開かさせる生活に生かすことのできる会計の殺傷力のある一冊。

  • 髙野秀之先生 推薦

    副題には会計学とありますが、さまざまなエピソードを交えて経済学の理論的な基盤がやさしく説明されています。経営学や経済学を学ぶ学生にとって、知的会話のスタンダードになる一冊。

  • ≪内容覚書≫
    (出版社/著者からの紹介から 一部抜粋)
    ※自分でまとめられなかった。
    ◆身近な出来事から「会計」がわかる!
    スーパーの完売御礼でわかる「機会損失」と「決算書」
    飲み会のワリカンでわかる「キャッシュ・フロー」
    住宅街の高級フランス料理店でわかる「連結経営」
    2着で満足する麻雀打ちでわかる「回転率」
    商品だらけのお店でわかる「在庫」と「資金繰り」

    ≪感想≫
    一時話題になったので、読んでみた。
    会計には興味がない。
    しかし、これが会計……??
    会計の入門書ではないと書かれているが、
    会計がますますわからなくなってしまった。

    ビジネスモデル、というか、販促アイディア本として、
    むしろ活用させてもらえる一冊。
    あと、お金の使い方の考え方。
    「1000円の商品を500円に値引きしたものと、
    101万円の商品を100万円に値引きしたものと、
    どちらを選ぶべきか」

    会計とかそういうことを絡めないで読めば、
    なるほど!と改めて思える点がある。
    会計抜きで読むことをオススメしたい一冊。

  • さおだけ屋がなぜ潰れないのか? 実は、金物屋という副業を抱えているため、いや本業かな。 身近に起こる疑問から会計学を学ぶ。

  • 楽しく読めた。

  • 読みやすかったです。「身近な疑問からはじめる会計学」というサブタイトル通り、身近なテーマが選ばれています。

  • 面白かった。会計学の基礎の前、モチベーションを高めるためにも勉強の嫌な思い出に取り付かれないためにも役立つし、作者が言うように会計に興味がなくとも一見の価値あり。
    雑学のためでもいいと思いますよ、飲み会のときに話せるような小話的なすすめ方がされていて、例えに割かれているページ数が短いのもいい。会計学や経営を学びたい人には物足りないと思う。進研ゼミについている漫画くらいに思って手にとるレベルです。
    さおだけ屋がつぶれないのは?住宅地のフレンチはなにもの?ワリカンの支払いを担当したがるアイツはなんだろう、おつりをちょろまかすとかじゃあなくて。などを使って、基礎用語の説明がされているのが本書です。すごくかんたん。

  • 2010年2月
    タイトルに惹かれて購入。さおだけ屋に限らず、豊富な事例が取り上げられている。いずれも身近なものであり、理解しやすい。「なるほど!」と思いながら読める本。会計を学びたくなった。

  • 小売業に携わる者として、意外にもなかなか勉強になり、目からウロコの一冊だった。

    「ハンバーガー業界の業績が悪化したとき、真っ先に打たれた手が、格安バーガーの値上げと高級バーガーの大々的な宣伝・・・」(まさに今も)

     「食器洗い乾燥機を使うのと手洗いをするのとではトータルコストに差はない」(そうなんだ、じゃぁ別に手洗いでいいや)

    「売り上げてから代金が入るまでの状態を掛という。」(売掛・掛計の意味を初めて知った!)

    「50人にひとり無料は100人だとふたり無料である。ということは、パーセンテージに直すと・・・2%の割引である。」(目からウロコ)

    「スーパーのチラシを毎日チェックするだけでも数字のセンスが身に付く」(今日から実践)  【2010年2月1日】

  • 論旨明快、文章平易。

    内容云々よりも(というより会計学のことはそもそも僕にはわからないのだが)、この年でこういう本を書けるその文章の力と思い切りに素直に脱帽。

  • 身近な疑問(表題とか)に対する答えを、会計的に考えて導き出す。そこから会計の知識を学び、さらにそれを実生活に応用しよう。そんな本です。
    「機会損失」を実生活に応用すると…?
    「回転率」を実生活に応用すると…?
    「フリーキャッシュフロー」を実生活に応用すると…?
    全体的にすごく分かり易くまとまってます。ただし、会計学としての内容は(たぶん)浅いです。
    会計学に興味を持つ『最初のきっかけ』ぐらいにはなるかもしれない。

  • 目次 

    さおだけ屋はなぜ潰れないのか?―利益の出し方
    ベッドタウンに高級フランス料理店の謎―連結経営
    在庫だらけの自然食品店―在庫と資金繰り
    完売したのに怒られた!―機会損失と決算書
    トップを逃して満足するギャンブラー―回転率
    あの人はなぜいつもワリカンの支払い役になるのか?―キャッシュ・フロー
    数字に弱くても「数字のセンス」があればいい―数字のセンス

  • タイトルは突飛だが内容は会計の超基礎。
    参考になった内容。
    ・企業は継続が前提(ゴーイングコンサーン)
    ・利益獲得は売上アップ、コストダウンだけ(利益=売上-費用)
    ・コスト削減は%でなく、絶対額で考える
    ・チャンスゲイン(売上機会獲得)、チャンスロス(売上機会損失)
    ・50人に一人無料=2%割引と変換する
    経営の中で、商売感覚が抜けることがある。当り前の内容なのだが、
    会計本は、商売の原理原則を振り返る上で役にたつことを再読で感じた。

  • 会計を身近に感じるところから。
    会計勉強の意識付けとしてオススメ。

  • なるほど!な内容。

  • さおだけ屋の話などいくつかエピソード交えて会計学を説明していた
    会計学は興味ないしさっぱり知らなかったが、意外と身近ことなんだなと感じた

  • 【総合点】8.0/10点
     著者が意図した通り、非常にわかりやすい形でまとめられている会計の本。本質的な部分だけを身近な話に置き換えて語ってくれている。タイトルを見た時は会計の本だとは思わなかったし、内容を読み進めても小難しい用語なんかはほとんど出てこない。会計の入門書としては最適なんじゃないかと思う。

     ただあまりにも用語がなさすぎるのと、会計の全体像が見えないせいで、会計にどうつながっているかということはイメージしにくい。既に会計の知識、枠組みがある程度わかっている人であれば腑に落ちるところは多いのではないだろうか。

     さおだけ屋、客が来ないレストランなど、一見すぐに潰れそうなビジネスが続くカラクリを解説。

     凄く端的にまとめると、「(入口はどうでも)結果的に収入が発生すれば良い」ということ、「運転資金を極力抑えれば良い」ということ。会計はこの2つを凄くわかりやすくするための学問ということ。

     正直、会計には全然興味がなかったけれど、この本読んでちょっと興味出た。シンプルで誰にでも読みやすくてわかりやすい。

    【取り入れること】
     会計本をもう数冊読んでみようと思った。出来れば用語もちょっとずつ覚える。

  • 比喩も下手で中身もない

  •  会計学を分かりやすい実例を上げながら説明する。

     売れた本として有名なこの一冊。
     分かりやすく会計学とは何か、会計学で考えるとはどういうことかが書かれている。確かにこれは売れるわ。

  • 積本になってたのをこの度ようやく読了。
    面白かった!
    会計学ってなじみないと思ってたけど、メーカーの営業事務やってたときに触れてた売掛金回収サイトとキャッシュフローの関係の話とかわかりやすく解説してくれててようやく腑に落ちた部分多数。
    一見難解な会社の決算書の数字が、経理課長に説明してもらって意味やストーリーのある数字に見えたときの感動も思い出した。

    それに「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」みたいな謎の商売の背景とか、クレカ支払いの裏側とか、日常の疑問にも解を示してくれてたのも目から鱗。

    数字に強い=数字のセンスかあ。わたしも数字のセンスを磨きたいものである。

  • 山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』読了。

    かつて流行った新書。
    多分、僕が大学生の頃に流行った書籍で、当時は「システムを維持している学問なんかやってどないする」的なことを思って目もくれなかったのですが、読んでみると面白い(笑)
    前向きに考えれば、自営業となった今読んだからこそ、面白かったとも言えるわけで。
    もうちょっと会計とか簿記とかそんなんをやっておけば良かったな〜と思う今日この頃です。

  • 節約はパーセンテージではなく絶対額で考える
    本業と副業はばらばらになってはいけない
    相乗効果が大切
    ワリカン金融がある
    50人に1人無料は2%割引と同義

  • お金の流れとか利益を上げるためにどうするか、とか。
    在庫のコストは個人でも当てはまるので見直そうかな。

  • 50人に1人無料
    →売り手側からすれば,ただの2%割引。

    表現方法の違いで商法も変わる。

    チャンスロスは,ゼロではなく,マイナス。

    ワリカン金融。

    折角理系なんだから,こういう数字も上手に扱えるようにならないとね。笑

全1163件中 1 - 25件を表示

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)に関連する談話室の質問

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)に関連するまとめ

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)の作品紹介

本書では、日々の生活に転がっている「身近な疑問」から考えはじめることで、会計の重要なエッセンスを学んでいきます。いわゆる「会計の入門書」ではありません。細かい財務諸表はひとつも出てきませんし、専門用語もそれほど多くはないので、気を楽にして、ひとつの読み物として読んでみてください。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)はこんな本です

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)のKindle版

ツイートする