数学的ひらめき (光文社新書)

  • 64人登録
  • 3.06評価
    • (0)
    • (2)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 芳沢光雄
  • 光文社 (2006年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334033774

数学的ひらめき (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2006年刊行。東京理科大学理学部教授。内容は少し難しい。個人的にはじっくり読み込まないと、理解しにくい。

  • ななめ読みしただけだが、結構分かり易く面白い。
    もう一度じっくり例題を解きながら読んでみたい。
    子どもの頃に算数・数学の面白さに接する機会が持てるかどうかで人生が違ってくるのかも知れない。(そんな大げさではないか)

  • 【資料ID】27615
    【分類】410.4/Y94

  • [ 内容 ]
    レトロ気分の団塊世代が懐かしむ15ゲームで完成するものはなぜ半分か、不動点の応用としての名刺手品、ヤミ金と消費者金融の本質、予想屋さんの結果から見た確率、誕生日当てクイズなどを始め、著者が最近発表したあみだくじの発想による意外な別証明も解説する。

    [ 目次 ]
    第1章 整数による表現(樹形図による数え上げ 割り算の「あまり」とカレンダー 実数・整数・素数 誕生日当てクイズ 符号化した整数)
    第2章 変化を捉える数学(大小比較とドント方式 利息と対数 数列の和と元利均等返済 級数と確率)
    第3章 図形と測定(アルキメデスから学ぶ図形 測定を楽しもう 黄金比は美しいのか 不動点の一例となる名刺手品)
    第4章 確率(確率という言葉 過去を見る確率と予想屋 じゃんけん 偶然性のゲームと策略のゲーム)
    第5章 あみだくじと15ゲーム(数学的帰納法とあみだくじ あみだくじの具体的な仕組み方 あみだくじによる偶置換・奇置換一意性の証明 15ゲームが完成するための必要十分条件)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

芳沢光雄の作品

数学的ひらめき (光文社新書)はこんな本です

ツイートする