ひとつとなりの山 (光文社新書)

  • 14人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 池内紀
  • 光文社 (2008年10月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334034764

ひとつとなりの山 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    山好きで知られる池内紀が、のんびりと出かけたひとり登山の二〇の山々。
    ひと味もふた味もちがう山の味わい方。

    [ 目次 ]
    幻の魚―大雪山(北海道)
    キリストの里―戸来岳(青森県)
    別天地通信―乳頭山(秋田県)
    同行二人―早池峰山(岩手県)
    蔵王堂の杖―日本国(山形県・新潟県)
    天狗のお土産―那須三山(栃木県)
    体力測定―温泉岳(栃木県)
    越後の旦那さま―八海山(新潟県)
    岩峰天ヲ突ク―男体山(茨城県)
    駿河姫の里―立処山(群馬県)
    月もろともに―八丈富士(東京都)
    にわか修験者―独鈷山(長野県)
    山眠る―秩父御岳山(埼玉県)
    中高年パラダイス―籠ノ登山・水ノ塔山(長野県・群馬県)
    凡夫と聖人―七面山(山梨県)
    山で一泊 麓で二泊―燕岳(長野県)
    雲上ホテル―蝶ヶ岳(長野県)
    罪障消滅―雪彦山(兵庫県)
    黄金の山―剣山(徳島県)
    海の門―開聞岳(鹿児島県)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 問い合わせ品目 2/9−14週

全2件中 1 - 2件を表示

池内紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ひとつとなりの山 (光文社新書)はこんな本です

ひとつとなりの山 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ひとつとなりの山 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ひとつとなりの山 (光文社新書)のKindle版

ツイートする