サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)

  • 652人登録
  • 3.57評価
    • (42)
    • (98)
    • (74)
    • (22)
    • (10)
  • 98レビュー
著者 : 高城剛
  • 光文社 (2009年8月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035181

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅がしたくなりました。

    バックパックで。


    今は何かと話題の彼ですが、

    この本には旅の知恵はモチロンのこと、

    彼の温かく開放的な人間性がたっぷりと詰め込まれてます。

    彼女のことも、見る目が変わるかも?知れません。



    おもしろくて、お得情報盛り沢山で、

    一気に読みました!

  • この頃はまだ面白い話が多かった。

  • サバイバル術というより海外旅行の心構えとしてこれだけは知っておくべきだという本だ。日本には本当に必要とする情報が入っている旅行書が無いということには納得だ。随分前から「地球の歩き方」の情報が違っていると思っていた。間違った情報もあった。要は本だけの情報では不足することになる。

  • 三葛館新書 290.9||TA

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=55839

  • 日本のガイドブックについての批判は、ある程度うなづける感じ。まあ、それはそれで仕方ないんだけどね。国別情報をCIAサイトからというのはなるほどと。それ以外はまずまずですが、分子ガストロノミーのエルヴェ・ティス教授はコラージュドフランスでもなく、フランス国立科学研究所でもなく(ついでに両社は別の機関)、フランス国立農業研究員となっているが…

  • エマージェンシーブランケット
    USB ソーラーチャージャー

  • 意外に面白かった
    まずは日本製ガイドブックのトロさ加減を指弾

    情報が画一的・総花的で古い
    広告集め優先で、対抗業者(LCCとか)の
    情報が載せられない

    後半は旅の技術の紹介
    CIAのサイトから現地情報を調べるといい
    というのが格好いい

    バックアップは3つまで
    それで駄目なら諦める
    国債免許証を身分証明書代わりに

    58 crewguide
    70 分子料理ベスト20
    78 苛酷な?バーニングマン

    81 米、スペイン、イタリア、日本、お祭り大国
    かなまら祭りも紹介、ロンリープラネット

    91 CIA、The World fact Book
    117 海外旅行では携帯を買え
    123 日本の写真、花見や通勤ラッシュを見せる
    129 アップルのプリペイドカード、英で買うと英のITMSで購入可能。米も同じ

    138 NASAのブランケット
    140 電子辞書
    142 モバイルプリンター
    148 巻尺、紐代わりにも

    絆創膏、折りたたんだ白いガムテープ
    SDカードに連絡先、自分の写真、パスポートコピー
    人間ドックデータ
    これらのデータはフリーメールアカウントにも

    159 手荷物、紙袋はカウントされないことも。
    DFSで買ったばかりと思われるため
    デジカメ、充電器は持たず予備バッテリー

    バイオp、10.5ボルトで動く。単3、8本でOK

    映画500本、電子ブック500冊、音楽1万曲
    小型プロジェクターも携帯
    スピーカーも持ち歩く

    キャリーバックの外にLEDライトや
    タオル大小、盗難防止用ロープ
    小型レフ板、折りたたみ大型バック
    ※大きさの規定外になる

    カリマーのエアポートプロ40

    服は圧縮する
    デュベテイカのダウン
    コナカのシャワークリーンスーツ

  • 発売当初に読んだけど移動が多くなりそうなので再読。しかし10年一昔と昔は言っていたけどもはや5年一昔という感じがする。書いてあることが非常に古く感じ、あまり為になりそうなものはなかったかな。本の情報は風化していくものだと改めて実感。

  • パッキングの解説は素晴らしい。

  • 旅に関する考え方とノウハウ、ハイテク技術が凝縮していて役に立つ本です。著者はノマドを自称し自由に旅行をたのしみバルセロナで生活しているため、浮世離れしているが経験豊富で学ぶところも多い。以下の5項目から構成されている
    1)日本のガイドブックは広告中心で不誠実であること、読書のジャンルとしての旅行のすすめ
    2)ハブ&スポーク型、LCCをつかった格安旅行のノウハウ
    3)情報ソースとしてのCIAサイト利用;まずはここで行きたい国をチェック
    4)日本の携帯電話は海外では高過ぎ;SIMレスのiPhoneの活用
    5)パッキング技術
    その他:Masai Barefoot Technology(MBT)スニーカー、データを分散しSDカード(32G 10枚)へ、printerやサラウンドスピーカも小さく手荷物になる。

全98件中 1 - 10件を表示

高城剛の作品

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)はこんな本です

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

サバイバル時代の海外旅行術 (光文社新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする