「情報創造」の技術 (光文社新書)

  • 263人登録
  • 3.38評価
    • (10)
    • (20)
    • (23)
    • (9)
    • (3)
  • 27レビュー
著者 : 三浦展
  • 光文社 (2010年5月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035631

「情報創造」の技術 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知識なしにまっさらな気持ちで情報に接するべきだという人もいるが、それはちょっと文学的に過ぎる。
    原因を掘り下げるときは、短期、中期、長期と同時に、引き金と火薬を峻別すること。
    ライフスタイルの変化は、生活単位、生活時間、生活空間、生活経済、生活価値(ニーズ)に分けるとよい。
    『「言語技術」が日本のサッカーを変える』で、日本のサッカー選手はなぜそこにパスを出したかと問われても答えられないことが多い。でもドイツなどは違う。プレイを論理的に説明する力。つくば言語技術教育研究所の三森ゆりか氏も、絵を見せて想像してもらい、なぜそう思ったかを論理的に説明させるという訓練をしている。

  • この著者の本は初めて読んだが、自信過剰で「おれってすごいでしょ、才能あるでしょ」感がすごい。また、「文句つけてくる奴はわかってない、おれのやってることは正しい」感もすごい。

    ただ、書いてある内容については、参考になる部分が多いのも事実。しかし著者が自分の思考のオリジナリティを自慢するほどには、この本に突拍子もない視点や考え方は載っておらず、仮説思考と情報収集の互いのフィードバックや、アウトプットの大切さ、疑問を持つことの重要性など、至極ベーシックな内容が説かれている。

    実例や体験がうまく挟まれており、全体としては、読みやすい。

  • ■技術というよりも,心持ちに重きが置かれている。
    ■全体的にのっぺりしたような印象。

  • モノの考え方、新しいことのうみだし方という点ではとっても納得のいく本でした。自分も開発者でソフトウェアの企画・開発を行っていますが、アイデアを生み出すためのアプローチとか、アイデアを生み出す過程とか「そうだよね」という点が多々ありました。自分の方法が「違う」と言われている点があったり、今まで試みたことのない方法などかかれていましたが、参考になる本でした。
    エジソンが発明は99%の努力と1%のひらめきと言っていましたが、アイデアも同じですね。情報の蓄積と、それを自分のものにするための「努力」が必要だと思いました。

  • アイデア出しの方法論を語る一冊。『下流社会』や『ファスト風土』などの言葉を作った人物の、キャッチーなアイデアの出し方を披露する……という感じ。作者の三浦さんは雑誌の編集者だったらしく、そこで語られるところの多くは編集者的な方法論が感じられた。

    端的に言えば、意識的なインプットと意識的なアウトプットをしよう、という話。これからの時代、情報を創造できる人材だけが生き残るという主張は、かなり的を射たものだと思う。特に、専門技術的なところのないサラリーマンなどは、これからそのスキルが求められるはず。一方では、そういうのを求めない会社もあるわけで、そういう職場はあまり先行きが明るくないかも。

    難点は、作者本人のアイデア出しの方法が、あまり参考にならないということ。こればっかりは、人それぞれだよね~と思う。作者のやりかたを見習いつつ、自分流の方法を編み出すことが大切。一方で、作者が具体的にどのような過程を踏んで情報を創造したかについては、かなり面白かった。現代においては「興味」と「調査」と「価値観」のスクラムが、有用な情報を創造する……のは確かだと思う。

  • この本はあとがきに全てが詰まってる感じ。
    あとがきを読んでから本文を読むようにすれば理解しやすいのかも知れない。

    本文には例題や今までの出来事や「こんなことがあった」という実例が書いてある。具体例や何故その考えに至ったかの経緯が書かれているので気になったところをつまみ読みしやすい。

    自分の考え、主観で情報を発信していくのは大切ですね。

  • 企画を常に30本持つ。
    収集する本やテーマは、仮説に従って、対象、内容、分類ジャンルを変更させるべき。
    壁新聞で情報をアウトプットし、定着させる。思いつきを箇条書きで整理して、情報をまとめる。情報はまとめすぎず、色々な仮説を出せるようにする。

  • [ 内容 ]
    下流社会、ファスト風土etc.数々のキーワードを生んだ消費社会研究家、マーケティング・アナリストの調査・分析・プレゼンの技法とは?
    すぐに実践できる入門書。

    [ 目次 ]
    序 情報創造力がないと生き残れない!(「まねない力」で生き残れ!;どんどん仮説を出そう ほか)
    第1章 情報創造はなぜ必要か?(パワポづくりで無駄な残業をしていませんか?;ちゃんと文章を書いて論理的に考えるべき ほか)
    第2章 情報創造の方法(情報受信するには知識と好き嫌いが必要;いろいろなことを知っておこう ほか)
    第3章 情報の収集と整理(脳を刺激する自由で楽しい仕事場づくり;デスクの配置 ほか)
    第4章 情報創造の事例(仮説の立て方(1)オリジナルなデータをつくる
    仮説の立て方(2)温故知新で考える ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 情報創造する為には、
    ・興味を持つ
    ・調べる
    ・まとめる
    ・発表する

    情報の整理
    ・時系列、五十音順ではなく大きい項目ごとに
    ・情報は刺激を与えるモノ。そこから発想を


    何にでも興味を持ち、疑問を抱き、調べること。調べ方も統計を見るなどの数字として信用が置けるものを参考にする。他には、目的を決めて定点観測をしたり、感覚を言葉にする。
    情報が集まったら、発表するなどし、外にだす。

    人は、細かな指示よりもコンセプトの方が動きやすい。
    それは、考えて行動させるからだ。



    一人の女性を見て、その人の生活を想像するのは、面白いと思った。


    15-25歳の分析
    NHK放送教育文化研究所「『日本人の意識』調査」
    「中学生・高校生の生活と意識調査」

    ベネッセ教育研究開発センター
    「モノグラフ」


    (図書館で借りた本)

  • この本の要点は、『情報創造』と『発信』が時代を生き抜く力となる。そのためには自分の頭で考え続け、色んなことに関心を持ち、感覚を論理化することが重要ってこと。著者の情報創造のメカニズムを垣間見ることができる。

全27件中 1 - 10件を表示

三浦展の作品

「情報創造」の技術 (光文社新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「情報創造」の技術 (光文社新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「情報創造」の技術 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする