一流たちの修業時代 (光文社新書)

  • 361人登録
  • 3.62評価
    • (18)
    • (38)
    • (38)
    • (8)
    • (1)
  • 41レビュー
著者 : 野地秩嘉
  • 光文社 (2010年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784334035747

一流たちの修業時代 (光文社新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いろんな分野の著名人の"修行時代"のエピソードをコンパクトにまとめた1冊。ビジネス界だけでなくアカデミックな分野や芸術界、職人まで幅広い取り上げ方が好感を持てる。何人かはすでに他の雑誌や自著で内容を知っていたものの、こうやってまとめてあるのはそれはそれで面白いし、なにより本人に親しみを感じる。でも、一流と言われる人たちは、やはり下積みなときでも前向きだったり高い目的意識を持って仕事や人生に取り組んでいる姿が印象的だった(こういう本なのでそういうふうな書き方をあえてしているという部分はあろうかと思うが)。
    それでも十分、価格以上の価値はあります。

  • 281

  • 伊那食品、お世話になっています。

  • みな苦労があるから、今がある。
    必ず成功できる。

  • 周りがダメだと言ってふて腐れると、結局自分が損をする。

  • いろんな業種のすごい人たちにも今の自分のように苦労してたんだと知ると、やる気が出る。
    辞めなきゃいいんだ。
    そうか。

  • 各分野で活躍する一流の人たち。一流たちは、若い頃にどのような修行を経験してきたのか。そして、修業時代を脱し、自分を客観的に評価するだけの力を手に入れたのはいつだったか。ノンフィクション作家の著者が15人のプロフェッショナルにインタビューし、それぞれの経験、苦労や挫折を聞く。それぞれの取り組みや考え方は、20代の若手社員や就活生にとって参考になりそうだ。

    1 創業者の気骨
    2 アーティストの世界
    3 職人たちの魂
    4 トップ営業マンの頭脳
    5 異なる環境に飛び込んだ者たち

  • いろいろな人のインタビュー集でした。それぞれの修行に対する捉え方が異なっていて、自分がその立場ならどうするだろうと考えると、かなり興味深かったです。

  • ≪目次≫
    はじめに
    第1章  創業者の気骨
    第2章  アーティストの世界
    第3章  職人たちの魂
    第4章  トップ営業マンの頭脳
    第5章  異なる環境に飛び込んだ者たち
    修業時代とは何か(あとがきの代わりに)

    ≪内容≫
    15人の一流の人々へのインタビュー集。よく知っている人から私の全然知らなかった人まで、自分たちは一流とは言っていない。修業も終わったと言っている人もいない。その中で共通するのは、人とは違うことをしていること、誰かときちんと話をして(聴いて)いること、実行力があること。
    こういう本は何かの時に役に立つと思う。

  • 一流と言われる人がそこに至るまでにどんな経緯をたどったか。
    早稲田卒のノンフィクション作家の野地さんが、各分野のスペシャリスト
    一人ひとりにインタビューをおこなったものをまとめた一冊。

    特に私の心に残ったのは15人中4人。

    1人目、CoCo壱番屋の創業者の、宗次徳二さん。
    この人も前回★5つを付けた「巨人軍論」を書いた野村さんと同様、
    仕事での辛さとか苦しいとかは感じず、楽しいと思うタイプというところも、
    好印象である。
    本書の中で真似したいと思えたところ、それは一生懸命生きるということ。

    「状況や過去のことを嘆くよりも、何か小さな目標を持つことです。1年くらいで実現できるような目標を持つ。(中略)行き当たりばったりでいいからその日その日を全力で生きる。大きなことを考える前に、手を抜かずに1日仕事をしてみる。」

    ここを読んでから、毎日全力で生きることを心がけるようにしています。
    明日死んでもいいように。

    2人目、観光庁長官の溝畑さんの若いころの仕事の取り組み方。

    “朝いちばんで庁舎に来て、掃除をし、愛嬌をふりまき、牛乳瓶に花を挿して先輩の机の上に置いた。とにかく他人より元気に、しかも他人よりも目立つことを決意していた”

    著者の野地さんはこんな溝端さんを“身の丈以上の挑戦をして、そして失敗しても次に進んでいく復元力がある”と評価。
    これは私も取り入れなければならない要素だ。

    3人目、日本画家の千住さんの言葉。

    “なかには効率的に描いたことを自分の個性だと主張する人もいるでしょう。しかし、それは違う。逃げているに過ぎない。そういう人は見ることを放棄している。(中略)表現者にとって観察することは何にもまして大切です。”

    “ここで、難しいことは私が生徒よりも確実に色彩のセンスを持っていなくてはならないこと。つまり、教師になるには生徒よりもレベルが上でなくては、資質を見つけることができない。だから、教師は本当に優秀な人間のやる仕事でしょう”

    4人目は29歳から修業を始め江戸前料理の店の一国一城の主になった、山崎美香さんの言葉。

    “何かを勉強したり、修業するのは大切だけれど、それをしながら独立するための準備は進めておかなくてはいけない。明日チャンスが来ても大丈夫なようにしなきゃいけない。”

    私の大嫌いなユニクロの柳井さんのストーリが乗っていなければ、
    文句なしの★5つでした。

全41件中 1 - 10件を表示

野地秩嘉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
チップ・ハース
平野 敦士 カー...
堀江 貴文
大前 研一
有効な右矢印 無効な右矢印

一流たちの修業時代 (光文社新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一流たちの修業時代 (光文社新書)の作品紹介

あの創業者も、長い下積み時代を経て、現在がある。各界の一流たちは、いかに苦境、挫折を乗り越えたか?15名のプロフェッショナルたちが自らの修業時代を語る。

一流たちの修業時代 (光文社新書)のKindle版

ツイートする